ホメられるために頑張りすぎちゃう残念なアナタに伝えたい3ステップ

ホメられるというのは、ほとんどの人が嬉しいですよね?

会社の人
スゴいですね!
友達
頑張ってるわね!
家族
やさしいな、お前は!
 

このようなことを言われると、お世辞かも?と思いながらも嬉しくなってしまうことがあります。

でも、こうしてホメられるために努力し続けると、行く末に待っているのは「自滅」であり「死」です。

これは大げさではありません。 こんな統計はないですが、ホメられたい人・・つまり他人に自分の価値基準を求める人は早くに命を落とされる人が多いと私は思っています。

それだけ他人に振り回され、浮き沈みを強く多く体験してしまいます。 もし、あなたが当てはまるとおもっているなら、その考え方について一度考え直してみる必要があるかもしれません。

ホメられたいという欲求は、すでに自分で「弱い立場」を選択している

選択をする指「ホメられる」というキーワードで思い浮かぶのは、小学校低学年のときに先生に褒められた記憶や母親から言われた言葉などを思い出しませんか?

そのホメられたいという気持ちが今でもあるということは、その当時のホメられた気持ちをもう一度味わいたいというちょっとした妄想なんじゃないかと思っています。

そして、強い立場の人からホメられることで一瞬の癒しや安心を求めるの繰り返しをしているのです。

例えが良いかわかりませんが、覚せい剤やタバコ、アルコール、恋人などの依存に近いと思っています。

近所の犬にまでホメられたかった私

650d5d9247213325e013703893222018_sそういう私もかなり強くホメられたい人間でした。

いつも笑顔で周囲に気を配り、一人でも不機嫌な人や体調が悪そうな人を見かけると、すぐに近寄り心配な顔をして話しかけるようなタイプ。

今では「ヘラヘラ時代」と呼んでいるのですが、まさに偽りの自分でした。 心配するのも、本当に相手が心配なのではなくて、「心配する自分」をアピールしたかった、つまりホメられたかっただけだということが今になるとわかります。

ある時、近所の人が飼い犬を離した時に私の足をパクッと噛んだ時でも、例のヘラヘラした顔をして「可愛い〜」と言っていました。でも、本当は狂犬病や雑菌が入るのではないかという心配でいっぱいで「何をさせるんだ?!」という心の声でいっぱいでした。 きっと、その犬の飼い主も、その犬さえもヘラヘラした私をバカにしていたのだと思います。

わたし
可愛い〜
飼い主
この人は何をしても怒らないしヘラヘラしているから、謝らなくてもいいわ・・

しかし、ある時こんな出来事がありました。 何かのイベントで一緒になった方との会話の中で、その方が私をホメだしたのです。

その方としては、女性が仕事をすることについてスゴいということを伝えたかったと思うのですが、私にとってはそれは食べるために当たり前のことでした。

知らん人
いや、いや、スゴいですよ。あなたはよくやってますね!

「いや、いや、スゴいですよ。」と連発する見も知らぬ人。

きっと自分のされている商売に結びつけようとゴマスリをしていたのだと思うのですが、私としては「あんたに何がわかる?」といった思いしかありませんでした。

そのころのわたしは「ヘラヘラ時代」の終盤で、人の本質が見えるようになってきていて、あきらかに目の前の知らない人は、わたしを利用しようとお世辞を言う人でした。

そして、ふいに出てきた言葉がこれでした。

わたし
あなたに私を判断されるいわれはない!

その一言で、その方は尻尾を巻いて逃げていきました。

知らん人
わー、コイツ、ダマせると思ったけど案外わかってるんだー失敗!

彼は私を褒めて気分を良くさせて自分の仕事の契約を狙っていたのでしょう。その作戦が失敗して大急ぎで逃げていったのです。断ってみれば簡単なのですが、利用されそうになっていることに気がついていない場合はこんな簡単な騙しのテクニックにハマることになります。

このように、ホメることを期待している人間に、忍び寄る良くない人は意外と多いのです。

また、このような見ず知らずの人ならまだ良いのですが、家族や職場の人など継続した人間関係の中でやられると断りにくいですね。 では、どうすればこの気持ちの悪い関係性に気がつくことができるのでしょうか?  

「ホメられなくて良い」と覚悟を決める

6c44c1c053b131802d40f05f910b2df2_s先ほどの私にホメて商売をしようとした方のように、 ホメる→喜ぶ と、相手の思い通りになることで 強者→弱者 という関係性を築かれてしまっている このような関係性を作り自分の思い通りにしてやろうと、無意識なのか意識的なのかわかりませんが、作戦を立てる人がいます。 このワナにはまってしまうのが、何を隠そう「ホメられたい人」なのです。

つまり、ホメられることを諦められずに初恋の少女のようにホメてくれる人を待ち続けている人は、人を見る目もあやまります。 ズルい人からすれば格好のカモになりやすいタイプの人間なのです。

この妄想から一日でも早く目覚めて、期待を諦めることで、悪い人から身を守り、自滅することもなくなります。  

どうすれば期待を諦めることができるのか?

ここで、ホメられたい症候群のあなたへ、期待を諦めて快適な自分をつくるための3つのステップをお伝えします。

【ステップ1】期待は妄想だと気づく

【ステップ2】環境をリセットする

【ステップ3】対等に付き合える人と縁をつくる

1つ1つのステップについて説明します

【ステップ1】期待は妄想だと気づく

ここまで読んでいただいているということは、今の状態のおかしさに気づいているかもしれません。

そして、今のあなたの周りには「利用してやろう」という人ばかりではないか、見渡してみましょう。

そして、おかしいと思ったならば、自分の本音で言い返してみましょう。

あなた
あなたに私を判断されるいわれはない!

【ステップ2】環境をリセットする

もし、ホメられたい自分を変えたいと思い本音を返してもあなたをコントロールしようとするならば、環境を変えましょう。

つまり、リセットをしてゼロにするということです。 あなたを利用しようとする家族からはなれて一人暮らしをする、あなたを利用しようとする仲間関係から連絡を絶つ、仕事場を変えるなどです。

そこまでできないと思うでしょうか?でも、このままだともしかすると死んでしまうかも・・と思うならば本気で環境を変えることを考えましょう。

あなた
自分が生きのびるために、ゼロになる!

わたしが例の知らない人に「あなたに私を判断されるいわれはない!」と言ったら、尻尾を巻いて逃げたように、利用しようとする人は本当は弱い人です。だから自分よりも弱い人を探しているのです。

だから、あなたが意思表示をし行動を起こせば、あなたもあなたの居る環境も絶対に変えられます。

【ステップ3】対等に付き合える人と縁をつくる

d53775547af2ce55223494c9fc8ee6c7_sステップ2で環境をゼロにしたのであれば、これから作る縁は「利用する人」とではなく、「対等に付き合える人」と縁をつくっていきましょう。

縁を切ったことのある人ならわかると思いますが、一度縁をつないでしまうと後から切ることは非常に難しくなります。

今までは自分の期待という妄想にやられてやみくもにホメてくれる人を求めて縁を結びまくった。でも、それはとても危険なことだった。だから、これからは慎重に縁をつくるのだと決心してください。

あなた
この人は大丈夫かな?しばらく見守ろう・・

最後に・・・

最後にお伝えしたいのは、あなたはホメられたいために「利用されていた」のですが、視点を変えると「相手に自分をホメさせようと相手を利用していた」ことに気づかなくてはなりません。

これは、いい子ぶりっこもそうだし、やたらと手土産を持っていくこともその作戦のためのもの。

もちろんその行為に悪い意図があったわけではなく、単純にホメて欲しかった。それは、自分の自信のなさの表れでしょうし、誰かに頼りたかったのでしょう。

だから、これからはもう少し強くなって、今まで味方だと思っていた悪い人と戦う覚悟を決めてください。  

自由というのは、孤独や自主性が必要になります。でも、それを恐れていてはいつまでたっても、誰かの都合の良い人でいることになります。これからは、自分の人生を自分らしく自由にデザインしていきましょう。

お手数ですが、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク