長い期間 ネガティブな感情を持ち続けることのデメリットと解消法

1229

あなたは子供時代のことを詳しく覚えていますか?

ちょっと前に「子供の時に起きた出来事の記憶は、勝手に頭で作られたものが多い」というような研究結果が出ていました。

どんな研究かといいますと、研究対象者に幼少期の思い出話を聞き、それを実際に過去に遡って調べていくという研究なのですが、かなりの割合でその思い出話が作り話であったことがわかったそうです。

このように私たちは、自分の都合の良いように記憶を操作しているのかもしれません。

また、嫌な思い出がある場合は、その記憶を蘇らせないようにフタをして生きている人も多くいるようです。

カウンセリングに訪れる多くの方は、このフタがぐらぐらと動き出して「どうすれば良いかわからない」状態になっている方が多いです。 もしかすると一生見ないフリをした方が生きやすいのかもしれないけど、どうしても辛いしおかしいと感じる。また、解決すべき問題がある・・と悩んでいるのです。

はっきりと理由がわからずに「おかしい」と感じている方は、間違いなく遠い昔の記憶のことが問題で苦しいのです。

ですから、この苦しみから解放されるためには、この過去の古い問題に向き合ってみる必要があります。

具体的には、過去に負わされた傷を作った相手へ、フタをした感情を返すことが一番のトラウマ解消法なのです。

これをしても受け取ってもらえるとは限りません。

「今さら何をいうのだ?」「育てた恩を忘れたのか?」と逆襲される危険もあります。 それでも、今の生活をリセットしたいならば、過去のトラウマ解消はやるべき課題なのでしょう。

お手数ですが、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク