無料カウンセリング【ご質問】40代になっても親の気持ちが理解できません・・・

このようなご質問をいただきました。

もう40代になるのに、親の気持ちが理解よくできません。私はおかしいのでしょうか? 相談者:マッチさん

こんにちは!さっそく、質問について考えていきましょう。

40years

まずはあなたを縛るものに気づくこと

マッチさんは、「40代にもなって・・」と自分のことを責めていることがわかります。

これはマッチさんの中に「〜すべき」という考え方が定着していて、自分の気持ちや経験以上に、「〜すべき」という一般論が勝ってしまいそうになっているところにいることに気がついていますか?

誰かにアドバイス等を受けたのでしょうか?

人には人それぞれの経験は違いますから、年齢通りにうまくステップアップできないことも多々あります。だから、年齢などを理由に悩むのは少しズレている気がしてなりません。

もちろん、モチベーションを上げるために周囲や世間と比較して自分自身を叱咤激励するのは良いと思いますが、現在のマッチさんの迷いの中で、「40代だから親の気持ちを理解しよう」と決意することは、自分の気持ちをどこかへ置いてきてしまうことになります。その「自分の気持ち」が一番大事なのに。

だって、「自分の気持ち」を置き去りにするということは、そこから先は 

自分の意思 〈 世間の一般論や他人の気持ちや都合 を優先して生きていくことになってしまいます。

こんな考え方は、大抵 嫌だと思うことをやる場合に「〜しなければならない」という理由付けをしますが、これを一度やってしまうと、そこから先は自分の意思や自由な気持ちを捨てることが当然になってしまいます。

マッチさんは、自分の気持ちや人生を粗末にしようとしていませんか?

まずは「40代にもなって・・」という「べき思考」や一般論を解除してください。

なぜ親の気持ちを理解する必要があるの?

その次に考えて欲しいのは、「今、なぜ親の気持ちを理解する必要がでてきているのか?」ということです。

きっと、40代ということは、今までの40数年の間には理解できない状態が続いたということですよね。その方針を今になって変更しようとしているということなのです。

もし、頑張って自分の本音を知りたいのであれば、こちらのシートに挑戦してください。

nayami

Aの部分に「親の気持ちが理解できない」と書いて、どんどん下へ進めていってください。

下へ行けばいくほど本音が見えてくるはずです。

drive

岐路はピンチでありチャンスです!

もしかすると、今あなたは自分の気持ちよりも親の気持ちを優先「すべき」と暗に思っていて、その方法や後押しを探しているのかもしれません。「私さえ我慢すればいいのだー」と年齢などを理由にして。

でも、あなたが我慢しなければならない状況や生き方を、このまま作ってしまって良いのでしょうか?

あなたはあなたの人生に責任があります。

楽しく生きるのも、辛く耐え忍んで生きて行くのもあなた次第なのです。

もし、親の人生の身代わりやアシスタントという役割をあなたが担当した場合、あなたの人生を操縦する席は空席になってしまいます。

操縦席は空ですから、そこから先には進まないかもしれないし、もしくは通りがかりの人が試運転しては乗り捨てるかもしれません。

どっちにしても、あなたの人生の操縦席には責任者がいなくなり、無法地帯となってしまうのです。

自分の人生の責任は自分で取るしかない

・・これはマッチさんにもマッチさんの親にも、そして誰にでも当てはまることです。年齢や自分の役割などはあっても、それが自己犠牲ならば未来は暗いものとなります。

だから、自分の人生を自分で生きる決意することは、決して自分勝手なことではないと思います。

今の時点で「親の気持ちを理解しなければならないけど、できない」という迷いの状態は、自分自身の人生を生きる決意表明をするかどうかの岐路であり、チャンスなのかもしれません。

まずは自分の気持ちに素直になることです。それから自分の人生を描いていきましょう。

あなたも相談してみませんか?

更新情報などメルマガにてお知らせします。

お手数ですが、よろしくお願いします♪

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク