幸せになる人は、自分を不幸にする人を切っている

happy

不幸の種は「NOT OK」

逆にいうと、「不幸になる人は、自分を不幸にする人と(いつまでも)つながっている」ということですね。

なぜ、自分が不幸になるとうすうす知りながら「切る」ことができないのか不思議な気もするけど、これこそが人間関係の難しさなんですよね。

また、ずっと「不幸になる」人間関係を作り続けてきた人にとっては、もはや「不幸になる人」しかこの世にはいないような気がしてしまいます。

でも、「これからは幸せになりたい」と決意したならば、幸せになるための行動の第一歩は、あなたを不幸な気持ちにさせる人を切っていくことです。

「そんなことしてたら一人ぼっちになっちゃう」と思いましたか?

いいえ、あなたを幸せな気持ちにしてくれる人を探すのです。

この世には、今のあなたが「OK」な人もいるのです。

信じられませんか?かならず居ます。まずはそれに気がつくことです。

もっと言えば、自分に向きあうよりも、あなたに「OK」を出す人を探す方がよっぽど幸せへの近道になるでしょう。

「NOT OK」を出す人の課題に付き合わない

今のあなたに「NOT OK」を出す人は、これから先どんなに努力をしても、きっと「NOT OK」しか出しません。今の問題を乗り越えても次々に高い課題を出し続けるでしょう。

つまり、「NOT OK」なのはあなたが原因なのではなく、「NOT OK」を出す人の問題だったです。その人が「NOT OK」なのです。あなたはその相手をさせられていたのです。

相手の立場になって考えれば、あなたを「NOT OK」と思うならば、わざわざそのような相手と一緒にいる必要はないのです。

それでも、「NOT OK」というつながりを持ちたい人は、そのような形でないと関係を作ることができない、つまり心に問題があってネガティブなコントロール関係が通用する相手としか、人間関係を結べない人ということになります。

そのようなネガティブな関係に巻き込まれているから、居心地が悪いし、気分が悪いのです。

「OK」を出す人を探す

もし、今の人間関係が辛いなら、あなたにとって居心地の良い場所を探してみましょう。

過去によくわからないけど話しやすくてリラックスできた人とか、妙に受け入れてくれた人などを思い出せませんか?

あなたはそんな大事な人をスルーして、居心地の悪い相手に長い間時間をとってきたのです。

世の中にはあなたを「OK」な人がいっぱいたのに、気付かなかったのです。

きっと不幸な人をバッサリ切れなかったのでしょう。

でも、これからは自分のことを第一に考えましょう。

今日のダイジョウブ!

あなたに必要なのは、今のあなたに「OK」を出す人です。

何が何でも探してみましょう。ダイジョウブ、必ず見つかります。

更新情報などメルマガにてお知らせします。

お手数ですが、よろしくお願いします♪

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ