このまま 「鳥かごの中の人生」でいいの?コントロールから逃れる2つの方法とは

このまま 「鳥かごの中の人生」でいいの?コントロールから逃れる2つの方法とは

このまま 「鳥かごの中の人生」でいいの?コントロールから逃れる2つの方法とは

以前に中居さんが「ペットを飼うのは人間のエゴ」とある番組で発言されたらしいのですが、確かに冷静な判断だと思います・・・。

幸せなペットも多いでしょうが、飼い主によっては悲惨な生活をしているペットもいるはずですからね。

そこであなたに質問です。

あなたの人生は「鳥かごの中」のように感じているでしょうか?

「鳥かごの中」とは、与えられた狭いスペースの中で、必要なものを与えられながら生きているということ。

つまり、過去や他人の期待にとらわれて生きているということ。自分の人生じゃないと感じること。

あなたは今、「鳥かごの中」にいますか?

「鳥かごの中」のメリット

もちろん、「鳥かごの中」で生きることのメリットもあります。

  1. 危険が少ない
  2. 飼い主に喜ばれる、可愛がってもらえる
  3. 努力せずとも欲しいものが手に入る

このようなメリットがあります。

「鳥かごの中」のデメリット

もちろん、「鳥かごの中」で生きることのデメリットもあります。

  1. 外に出ることが怖くなる
  2. やりたいことができないので不満が多い
  3. 視野が狭くなる

このようなデメリットがあります。

今、「鳥かごの中」にいるけど出られない人は、以上のようなメリットとデメリットの合間で悩んでいるのかもしれません。

「鳥かごの中」から出ることができない本当の理由

あなたの「鳥かご」には鍵が掛かっていますか?

もし、どうにかすれば今の環境から飛び出すことが物理的に可能ならば、鍵はかかっていないのでしょう。つまり、コントロールから逃れることは可能なのです。

それでも出られないと思うのは、きっとあなた自身がある期待を手放すことのできないからです。

それは、「誰かからの承認と愛」です。

あなたは、「誰かからの承認と愛」を得たいという期待から逃れられないから「鳥かご」から出られないのです。

こうして、多くの人が他人からのコントロールを嫌がりなんとか逃れようとするものの、現実に逃れることができないでいます。

「そっちのほうが楽!」と思えるなら、何の問題もないのです。

「窮屈でたまらない!」のであれば、何か方法はあるはずです。

Escape

「鳥かご」から出る方法

もし、あなたが「鳥かご」から出たいのであれば方法はあります。

  1. 「鳥かご」が壊れるのを待つ
  2. 自分で「鳥かご」から出る

この2つです。

物理的に拘束をされていないのであれば、自分で「鳥かご」から脱出することは可能です。

もし、今の時点でどうしても出られないのであれば、あらためて上記の2つの方法のどちらかを選んでみてはいかがでしょう?でも、1は受動的なものなので、あなたが何とかすることはできません。

だから、結局方法は1つなんですね。「自分で「鳥かご」から出る」しかありません。

間違っても、飼い主が「きっと自然の中で生きたいのでしょう」とあなたの気持ちを先読みして「鳥かご」から解放してくれることはないはず。

・・それは、私たちが飼い主でもきっとそのような選択はしないですよね。それは無責任です。

今日のダイジョウブ

結局、「鳥かご」から脱出するには、1つの方法しかないことがわかりました。

あなたがあなたの意志で決め、一歩をふみ出すのみ。

まずは、出るのか出ないのか決めること。その後の「出る方法」とか「先の不安」などは別の話。

結局、自分が求める変化を起こすには、まずは自分が変化を起こさないと何も始まらないのです。

それに必要なのは、覚悟努力と、未来への期待です。

だから、ダイジョウブ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ