誕生日は死の危険が倍増?!自殺も誕生日に多い現実

誕生日は死の危険が倍増?!SOSに気づく環境づくりを。

誕生日は死の危険が倍増?!SOSに気づく環境づくりを。

自殺 誕生日に多く

阪大グループ研究 他の日の1.5倍

誕生日に自殺する人は、他の日の1.5倍になるとする研究結果を、大阪大の松林哲也准教授(公衆衛生学)らのグループがまとめた。

グループは「自殺の恐れがある人には、誕生日の前後は周囲のサポートを強化するなどの予防策が必要だ」と指摘している。

松林准教授らは、1974~2014年の国の人口動態調査で、死因が自殺、交通事故、水死、窒息、転落に該当する約207万人分の死亡票を調査した。その結果、4138人が誕生日に自殺し、それ以外の日の平均(約2700人)に比べて5割ほど多かった。

誕生日には交通事故死や転落死なども増える傾向がみられた。誕生日に普段とは異なるパターンの行動をとって、リスクが高まる可能性が考えられるという。海外では同様の報告例があるが、国内での大規模な研究成果はなかった。

松林准教授は「孤独感を抱く人にとって、誕生日は逆にストレスが高まるのではないか。転落死なども増えており、自殺の一部が事故死として処理されている可能性もある」と分析している。6月2日毎日新聞

誕生日はストレスがたまりやすい?

この研究では、自殺が死因と思われる人の中で、誕生日に死亡する率が誕生日以外に死亡する率よりも5倍も多いということがわかったとのことです。

自殺の場合は、自分の年齢に焦りを感じたり、人生について悲観したりすることも考えられるものの、なぜ事故死も誕生日が多いのか・・という理由として、誕生日パーティーとかサプライズなどがあって、そのいつもと違う行動が死因のリスクを高めているということ。

どっちにしても「普通ではいられない」のが誕生日なのでしょうか。

今日のダイジョウブ

どんな人も誕生日を忘れることはないでしょう。

でも、いくら誕生日は特別でも、日常生活の延長上であることは確かなのです。

誕生日にいつもと違うことをやろうとしたり、特別な自分を演出して周囲の評価を得ようとすると、そういった無理がブーメランとなってストレスになったり、不注意となって自分の元へ戻ってくるのではないでしょうか。

また、周囲に調子の悪い人がいるならば、誕生日はストレスが高まることからも要注意して見守ることも大事ですね。

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ