「自分の気持ちがわからない」あなたへ 蓋をした感情を取り戻す方法

先日、こんなツイートをしました。

悲しいとか寂しいとか悔しいとか、ネガティブな感情はあまり歓迎されません。

時間の薬でも逃避でもなんでもいいから、ラクになりたいって思う。

でも、そんな中で全く逆のことに悩む人もたくさんいます。

それは、「自分の感情がわからない」ということ。

「辛い気持ち」と「感じられない気持ち」はどっちが辛い?

あなたは、どっちが辛いと思いますか?

正解は当人にしかわかりませんが、悲しいとか寂しいとか悔しい気持ちは、時間がたったり問題が解決するなどすると少なくなっていくでしょう。

でも、感情を感じられないのは、時間がたっても問題のあるなしにかかわらず、ずっと変わらないのです。

つまり、ネガティブな感情は起きた出来事に対する感情なのに対して、感情を感じられないという症状は、その人自身の問題というか特徴で、自分でなんとかしない限りずっとそのままなんです。

出来たり、消えたりするネガティブな感情と、ポジティブもネガティブも感じられない感情を持つのは、どちらが辛いでしょう?

なぜ、自分の気持ちがわからないの?

もちろん、生まれた時は誰でも泣いたり、笑ったり・・を繰り返していたはずです。

その成長の途中で感情をそのまま出すことができた人は、大人になっても感情を感じたり表現したりはできるものの、感情を否定されたり、自分自身で否定してしまった人は、大人になった頃には「感情を感じない」方がうまく生きていける気がして、それを実践していくでしょう。

ものごとの結果には、必ず原因があります。

「自分の感情がわからない」のは、「自分の感情がわからない方がメリットがある」と感じた瞬間があって、それをルール化したからなのです。

自分の感情を取り戻すには?

今まで生きてきた中で、気持ちが傷つき「自分の感情がわからない方がメリットがある」と感じた時期を思い出してみましょう。

きっとその時に解決なり納得なりをしていれば、「傷ついた経験」で終わっていたはずです。

でも、いまだにその「自分の感情がわからない方がメリットがある」というルールを守り続けているのであれば、今でも自分を責め続けているのでしょう。

その時のことを、じっくり思い出してみてください。

Emotional4

きっと、私はあの時・・・すごく傷ついた。

たぶん、あの人が傷つけたのかもしれない。

でも、私は「自分が悪い」と心で折り合いをつけた。

そうしなければ、当時の私は生き延びることができなかった。

そして湧き上がってくる気持ちに「嫌な気持ちを持ったらダメだ」と蓋をした。

・・そして、何年もたった今「自分の感情がわからない」ことに悩んでいる。

もう、だいぶ昔のことだから忘れかけていたけど

あの時の「蓋」を、閉めたまんまだった・・・。

今の私はもう強い。だから、あの時のように

「自分が悪い」と心で折り合いをつけなくて良いはず。

私を傷つける人に文句を言っても良い。

私を傷つける人から逃げても隠れても良い。

それをしないで、今でも我慢をし続けているから、すべての感情がわからなくなったんだ。

Emotional3

どうですか?過去の傷にたどり着けましたか?

うまくいかないと感じる時は、私たちが変わるチャンスなんです。

自分で自分のおかしさに気づいたのであれば、チャンスの到来です。

自分の気持ちを取り戻したいと思ったなら

あの時しめてしまった「蓋」を一度点検してみませんか?

感情を感じることはちっとも悪いことではない

感情を感じることはちっとも悪いことではない

今日のダイジョウブ

更新情報などメルマガにてお知らせします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ