漫画でわかる「これって心理ゲーム?」嫌な会話に付き合わされないための方法

game

あなたは誰かとの会話の中で、ついつい悪ノリさせられたり、変なムードに飲まれて嫌な気分を味わったりしたことはありませんか?

もしかすると、それは心理ゲームかもしれません。

「心理ゲーム」ってご存知ですか?
これはエリックバーンという方が考えた、人間同士の交流の中で起こりがちなゲーム的な間違った会話などの交流のことです。

これは、きっと心理ゲームといって、お互いがなんらかの意図をもってはじまったゲームなんです。

心理ゲーム:応答

game1

ゲームは仕掛ける人と、仕掛けられる人が2人以上集まれば始めることができます。

仕掛ける人は、「会話などの交流をしたい人」です。でも、相手がいない、もしくは相手にされないから、体が痛いと言って無下にできないような話題を使って罠を仕掛けます。

すると、仕掛けられる人は相手を無下にできない、つまり冷たいと思われたくないという弱みがあるので反応していきます。

心理ゲーム:転換

game2

会話をしていくうちに、仕掛けられた人は今までに何度も繰り返してきているので、だんだんと仕掛ける人の裏の意図がわかってきます。

それでも、仕掛ける人がしつこく続けると???

心理ゲーム:混乱

game3

仕掛けられる人は、ついに切れていつもの自分と違う自分になってしまいます。

つまり、「優しい人」と見られたいのに、「冷たい人」となって相手を罵倒しています。

心理ゲーム:結末

game4

そして、最終的に仕掛けられた人は気分を害された上に「冷たい人なのね」というスタンプをまた1つ押されてしまうという結末になります。

このように心理ゲームには、普通の会話と違って変な特徴がたくさんあります。

心理ゲームの特徴

1.繰り返し行ってしまう

2.お互いに「気づき」がない

3.隠れた目的がある

4.最終的には必ず嫌な思いをする

5.不本意なスタンプを押して終わり

1.繰り返し行ってしまう

「わかっちゃいるけどやめられない」ではないですが、何度もやってきているので、自然とはじめちゃったり、仕掛けられると反応してしまうんですね。

心理ゲーム参加者
何もないより、嫌な気分でもあった方がいいじゃない?

2.お互いに「気づき」がない

途中で「気づき」があれば、心理ゲームを中断することもできるのですが、「気づき」がないのでやめることができないのです。

もし、気が付いたら相手の意図に沿わないように冷静な対応をする必要があります。

心理ゲーム参加者
楽しいですよ、友達も多いし・・

3.隠れた目的がある

さきほどのイラストでは「冷たい人」という仕掛ける人の相手に対するイメージを、証明するための目的があったようです。

そうすることで、「優しそうにしているけど、本当は冷たい人なんだよ」ということを相手に証明することができます。

仕掛ける人
暇だし、あの子と遊ぼう(ディスカウントしてしまおう)

※ディスカウントとは、価値を下げることです。

仕掛けられる人
体も弱いしかわいそうだからほっておけないよ(弱み)

4.最終的には必ず嫌な思いをする

転換や混乱の後に味わう「やっぱり私は冷たい人間なんだ」というような嫌な感情を味わわせることで、ますます自尊心は低くなって相手(仕掛ける人)への依存度は増してくることになります。

仕掛けられる人
またいつも通り嫌な思いをさせられた!
仕掛ける人
フフフ。あなたはまだまだ自分一人じゃダメなのね。

5.不本意なスタンプを押して終わり

無意味な会話によって誘導された結末によって、仕掛けられた人は嫌な気分と感情を乱したという後悔につつまれます。

そして、仕掛ける人は「やっぱり私がいないとダメなんだから〜」といったところでしょうか、心理ゲームを終了することになります。

仕掛けられる人
はい、私はどうせ冷たい人間ですよ。
仕掛ける人
次にゲームをしてくれる人はどこかしら?キョロキョロ

このような心理ゲームは、不毛なだけでなく嫌な気分を味わうことからも、ぜひ避けたいですね。

心理ゲームの役割

心理ゲームには、役割があって「迫害者」「犠牲者」「救援者」がいます。

game5

自分がよくやる役割もあれば、メンバーが変われば役割を変える場合もあります。

  • 「迫害者」は、相手の評価などをして非難や攻撃をする役割
  • 「犠牲者」は、自分自身の価値を下げて「私は無力だ」と思う役割
  • 「救援者」は、犠牲者を助けて自立を邪魔する役割

また、対等な友達関係ではトラブルが少ないのに、上下関係がからむと上手くいかない方などは、この心理ゲームをはじめてしまっているか、乗せられてはじめてしまっているかもしれません。

心理ゲームをやめるには

 
(1)自分にストローク(良い交流)が足りていないことを自覚する
(2)心理ゲームの誘いに乗らない
(3)役割を演じない
(4)ゲームを中断する
(5)最終的に味わう嫌な感情を避ける
 
ということになります。詳しく見ていきます。

(1)自分にストローク(交流)が足りていないことを自覚する

心理ゲームをやってしまう原因は、ストローク(交流)の不足です。
つまり、寂しいから良いストローク(交流)じゃないとわかっていても、悪いストローク(交流)つまり、心理ゲームをやってしまうということです。
 
 
仕掛ける人
だって、誰も相手してくれないんだもの 

(2)心理ゲームの誘いに乗らない

心理ゲームは仕掛ける人と仕掛けられる人がいます。
仕掛ける人は、ストロークが足りていない人。
仕掛けられる人は、仕掛ける人に対して弱みを持っている人です。
弱みとは「かわいそう」などと感じるという感情があることが原因です。
 
仕掛けられる人:救済者
かわいそうな母・・・
 

(3)役割を演じない

例えば、「私、年取ったわ」などと犠牲者を演じる母親に心理ゲームを仕掛けられた場合、母親は、相手に救済者の役割を求めていることになります。
そうした場合に、あえて救済者の役割を演じないようにします。
気持ちを伝染させられずに冷静に対応することです。
仕掛ける人:犠牲者
私、年をとったわ・・・
仕掛けられる人:救済者
どうしたんだい?オロオロ(ダメな応答)

                    ↓

仕掛けられる人:冷静な応答
誰でも年は取るよ(冷静な応答)
 

(4)ゲームを中断する

心理ゲームがはじまってしまったことを自覚したら、中断することが大事。
その時に考えて欲しいのが「相手の狙いはなんだ?」ということです。
本当の意図を知ることです。そしてその結末には絶対に持っていかないことです。
 
仕掛ける人:犠牲者
私、年取ったわ(裏メッセージ:私の面倒を見て、一生幸せにして〜)
仕掛けられる人:救済者
お母さんは心配しないで、なんとかするから(ダメな応答)

                    ↓

仕掛けられる人:冷静な対応
誰でも年はとるよ(冷静な応答)

そして、席を立つとか、用事が出来たなどを理由に心理ゲームを終わらせます。
 
 
仕掛けられる人:冷静な対応
じゃ、そろそろ帰るね!
 
あくまでも例ですけどね。

(5)最終的に味わう嫌な感情を避ける

たとえば、(1)から(4)が中断できずに進んでしまった場合
突然、嫌な感情が出てきて切れるようなことが起こります。
仕掛けられる人:救済者
もう、何度も何度もうるさいな!(感情的な対応)

こうして結末に向けて感情を誘導されていきます。

仕掛ける人:犠牲者
えーあなたは年老いた私にそんなこと言うの?

こうして結末に向けて感情を誘導されていくと、最終的にはまったく違う人格が顔を出します。

                    ↓

仕掛けられる人:救済者から迫害者へ
死んだらいいだろ!このカス!!

あーあ、やっちゃいました。これが最悪な結末です。

救済者から迫害者へ急激に変化してしまいました。心理ゲームの仕掛け人の書いたシナリオ通りに、仕掛けられる人は自分自身で価値を下げる言動をしてしまいました。

  
仕掛けられた人
わかっていたのに、結局この結末を迎えてしまった。最悪な気分・・・
 
これが今までなんども味わってきた最悪な感情(ラケット感情)です。
実は、この後悔こそが仕掛けた側の真の目的なのです。
つまり、後悔させて罪悪感を持たせて相手の価値を下げる(ディスカウントする)ことが目的です。
 
そして、仕掛けられた方もこの慣れ親しんだ嫌な感情を知らず知らずのうちに求めているのです。嫌でも懐かしい味とかってありませんか?それの気持ち版ってことです。
 
  
仕掛けられる人
なんか、懐かしいような・・家の味みたいな不思議な気持ちなんだよね。
 
これが心理ゲームの結末です。わかりますか?
 
ですからこんな場面に遭遇した場合は、「これは誘導された感情だ」と気付いて感情のスイッチをオフにします。
 
「ごめん、ちょっと電話してくる」と退散。など
  
仕掛けられる人
ダメだ!繰り返しても意味のない無駄なやりとりなんだ・・
といった具合です。
 
こうやって、心理ゲームをなるべく少なくしていくことが大事かと思います。

今日のダイジョウブ!

このような心理ゲームを知らず知らずのうちにやってしまう人は、多くの場合「気づき」がありません。やってることすら気付いていないのです。

「友達が多い」「誰とでも仲良くする」などと思われている方は、心理ゲームを疑ってみても良いかもしれません。

でも、このような心理ゲームをしている関係は、相手を尊重していることはほとんどなく、信頼関係を築いていないことが多いのです。だからいくらこの関係を多く持っていたとしても、緊張感を増すばかりで良い気持ちになることはほとんどないのです。

「飲み会で疲れた」とか「大騒ぎの後、落ち込む」といったつぶやきを見ることがありますが、それも心理ゲームなのかもしれないですね。

もし、思い当たるのであれば、ぜひ自分の会話を振り返ってみましょう。

そして、心理ゲームをはじめない、心理ゲームをする人に近寄らない、はじまっちゃったら中断する。を実践していきましょう。

【ACでお悩みの方へオススメ記事】
なぜ、カウンセリングを受けることが必要なのか?

オススメ! アダルトチルドレンはどうやって生きていくのか

アダルトチルドレンはなぜ仕事で挫折しやすいのか?

アダルトチルドレンは、なぜ人間関係で失敗するのか?

更新情報などメルマガにてお知らせします。

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ