無料カウンセリング【ご質問】ACの私が同じことを子供にしてしまいます

このようなご質問をいただきました。

機能不全家庭で育ったアダルトチルドレンです。
幼稚園児の子供がいるのですが、こちらの記事を見て、同じようなことを子供にしていることに気づきました。アダルトチルドレンが子供を育てる際に気をつけるべき点などありましたらぜひアドバイスをお願いしたいです。同じ思いをさせたくありません。
質問者:ふみさん

こんにちは!さっそく、質問について考えていきましょう。

humi

ふみさん、こんにちは。

ふみさん自身が機能不全家族で育ったアダルトチルドレンで、ふみさんの子供にもふみさんがされてきた同じようなことをしてしまっている・・ということですね。

これは、とても難しいですね。一番したくなかったことを、愛する我が子にもやっているという事実は、何よりも自分を苦しめているのだと思います。

ふみさんもそうやって育ってきたのだろうから、その子育てしか知らないからやっているのだと思いますが、やっぱり「まずい対応」をしてしまっているのではないでしょうか?

下記のブログを読んで心理ゲームに巻き込まないように、子供にしかけたゲームをやめるくせをつけてみてはいかがでしょうか。これは他の人間関係でも意識していみるといいですよ。

何よりも途中でゲームをやめることが大事です。また、慣れてくると、ゲームをはじめる前に気づくようになってきます。

でも、この質問の本当の問題は、ふみさんは、自分自身のことが「許せない」ことなのではないでしょうか?

子供にまで同じ思いをさせてしまっていることに・・・。

本当に解決を望むならば、子供に対してよりも「自分を許せない」気持ちに向き合ってみることだと思いますよ。

親との関係の本当の解決とは?

本当の解決って何でしょう?私は、対決をすることでも、自分の気持ちをすべてぶちまけることでもないと思います。
 
 
すごく単純に言うと「人のことはどうでも良いと思えるようになること」だと思っています。
 
 
この「人」というのは、毒親も子供に対しても同じです。
 
 
だからといって、子供の育児を放棄することは違います。独り立ちできるまでの養育は必要ですからね。
 
 
言い方を変えると、自分のことには自分の頑張りは有力なんだけど、自分以外のことには無力なんだということを理解することかなーっと思います。
 
 
詳しくは後で説明するとして、その無力さを理解できれば、人と自分を分離できるようになってやっと「自分の人生を歩むこと」がスタートするのではないかと思います。
 
 
つまり、ふみさんが今苦しんでいるのは、自分の問題や過去の傷や親との関係や子供のことがすべていっしょくたになっているために、結果的にすべてが自分の問題となり、自分の苦しみとなってしまっているからではないでしょうか。
 
 
i
 
 
これは、いわゆる共依存のような状態で、自分と他人、過去と現在がごちゃまぜになって整理がつかない状態なんだと思います。
 
心理的なゴミ屋敷です。だから、何から手をつけて良いかわからない、だからその中にいる子供さんにも八つ当たりする、というのが今の現状なのではないでしょうか?
 

過去と他人は変えられない

私がよく使う言葉がこれです。
 
 
7
 
 
でも、私たちは過去の傷に苦しみ許すことができず、「あの人がこうしてくれたら」と他人や状況が変わればハッピーになるはず!と思ってしまいます。
 
だけど、待てど暮らせど環境や他人が変わることはない・・・。
この期待を捨てない限り、私たちはずっとこのジレンマに苦しむことになっちゃうんですよね。
 
それに他人や過去を変えてしまおうという考え方は、自分が他者や環境をコントロールしたいという気持ちが見え隠れしています。
 
そういった「自分の思い通りに状況や人を変えたい」という考え方を持ってしまうこと自体がいろいろな問題の原因になってしまうのです。
 
 
ぜひ、この「現在の自分」と「他人」と「過去」を分けてみることをお勧めします。そして、「他人」と「過去」は切り離すこと。
 
そうすれば、少しは苦しみから解放されるはずです。
 
 
3
 
 
「現在の自分」と「他人」と「過去」を分けるには、話すなり書くなりして、自分の中からネガティブな感情をアウトプットすることが良いと思います。
そうすると、自然とあふれそうな感情が整理されて、冷静に見分けることができるようになります。
 
よくツイッターでつぶやいている方もいますよね?こうやってアウトプットしているのです。また、日記に書いてみるのも良いです。
 
ワークショップに参加するのも、カウンセリングもアウトプットにはとても良い方法だと思います。
ダイジョウ部のサイトでも、一人でできるワークをご用意していますので、試してください。
 w
 
そして、「他人」と「過去」を変えようとしている自分に気がついたら、「私はまた変えられないことを変えようとしている?」と自分に問いかけてください。
 

被害者の座を明け渡すこと

ふみさんは、ご自身を機能不全家族で育ったアダルトチルドレン、つまり被害者と思っていますか?それとも、子供にも同じことをしている加害者だと思っていますか?

きっと、両方だと思っているでしょう・・・。

こんな例を出すのは失礼ですが、よく犯罪で加害者となっている人のほとんどが「自分は被害者だ」と思っています。
 
 
私は、機能不全家族や毒親などの問題を次のステップにすすめるためには、まずこの「被害者」という座から立ちさることだと思っています。
 
sofa
 
もちろん、実際に「被害者」の方はいると思います。
 
 
「被害者」の私なりの解釈は、「未成年であって、逃げられない状態で、心身ともに危険な状態」の方です。このような方は間違いなく被害者であり、近くの自治体などにSOSを求めて助けてもらう必要があります。私にもお手伝いできない深刻で危険なレベルです。
 
 
でも、「大人であって、逃げられる・・もしくはすでに別居していて安全な居場所がある」方は、もう「被害者」ではないと思っています。
 
 
「被害者」ではなく、「自分の問題に向き合いはじめた方」だと思っています。
 
 
もし、「被害者」というソファがフワフワで居心地が良かったとしても、いつかはそこから立ち上がり、「自分の問題に向き合う」スタートラインに立たなければならない時がくるのだと思います。
 

わかているけど・・??

切ったり、捨てたりするようなことはできない

もしかすると、相手を切ったり捨てたりすることによって、あなた自身にデメリットがあると潜在的にわかっているのではないですか?そのデメリットは何でしょう?

一人で生活する収入がない

自立できていないから、頼ってしまっていることにまずは気がつくことが先です。

そんなこと許されないにきまっています!

大人のあなたが、一人で決断できずに行動できないというのは、逆に問題だと思うのですが??

もし、ご自分の中で「どうしても決断出来ない理由」があるなら、そこがあなたの弱さであり、依存したい部分が残っている可能性があります。

それがあなたの生活の中で、様々な問題を前にした時に、いつものパターンで後戻りしてしまう原因となっている気がします。

また、このような関係性というのは、一方的に被害者で一方的に加害者・・ということにはならないと思います。

やっぱりどちらもその関係を「求めている」部分があってこそ、成立するのものだと思います。

兄弟の中でも、文句を言いながら大人になっても家族にどっぷりはまっている人と、人生の転機でサラッと自立するなりする人がいるのと同じです。

まとめ

いろいろと書いてきましたが、まとめてみると

  • 「自分は被害者」ではなく、「自分の問題」だと自覚すること
  • 「自分の人生は自分のもの」、「他人の人生は他人のもの」だと理解すること
  • 「許す」こと、これは自分の人生を精一杯生きるために「手放す」ということ

自分の人生を必死で生きている人は、何歳でも見ているだけで、頼もしく清々しくなります。

でも、他者に関わりすぎるぐらいに関わり気持ちまでも左右されている人は、なんか痛々しく感じます。

前者は自立している人、後者は依存している人。

どんな問題を解決するにも、まずは自分の足で立つことを決意して行動をしなければはじまらないと思います。

子供に対しても同じで、もちろん養育する義務はあるけれど、最終的に子供を幸せにするのは子供の仕事であって、そこには親であっても他人は手出しはできない。

「かわいい子には旅をさせろ」ですね。これは、信頼していないとできないです。

つまり、子供を自分の分身ではなく、分離した人格だと理解できれば、子供を尊重することになって、子供の自尊心を育てることになると思います。これが心の養育になると思います。

また、そうした関係を子供さんとの間で築くことができるようになれば、ふみさんの自尊心も高まり、今の苦しみからも解放されるのではないかと思っています。

今日のダイジョウブ!

ふみさんのように、迷いながら子育てしていることは、とても素晴らしいなーと思います。

迷うということは、内省しているということ。ちゃんと向き合いたいと思っているということ。ですよね?

自信満々に間違ったことを無理強いしたり、自分の都合だけを通そうとする道の方がずっと楽なはずなのに、あえて茨(いばら)の道を歩んでいる姿がカッコイイです。

その自問自答する姿は子供さんの目にはしっかりと映っているはずです。

どんどん迷って、そして頑張ってください。

【ACでお悩みの方へオススメ記事】
なぜ、カウンセリングを受けることが必要なのか?

オススメ! アダルトチルドレンはどうやって生きていくのか

アダルトチルドレンはなぜ仕事で挫折しやすいのか?

アダルトチルドレンは、なぜ人間関係で失敗するのか?

あなたも相談してみませんか?

更新情報などメルマガにてお知らせします。

お手数ですが、よろしくお願いします♪

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ