変わって欲しいと願うのは、思い通りにしたいからです

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

これは、身近な人との関係性に悩んでいる方、身近な人の困った言動などに悩んでいる方などに聞いて欲しいと思います。

この時点で何か間違っていることにお気づきでしょうか?

まず、どうすれば相手が変わってくれるか?ということですが、この時点で何か間違っていることにお気づきでしょうか?

それは、『相手を変えようとしている』ということです。

あなたは自分が誰かに『変わりなさい』と強要されたらどう思いますか?

あなたの頑張ってきた仕事、趣味、生きがい、好きな人などを変えろと言われたら、どう思いますか?

今まで散々悩んで試行錯誤して作ってきた人格を全て否定されたと思いませんか?

絶対に嫌ですよね。自分らしく生きていけなくなるのですから。

相手の勝手なエゴで『変わらされる』のかもしれませんし、いくら理由が正当でも人が人をコントロールするのは奴隷のようなものです。

問題は『人との関わり』にしがみついていることに気がついていないこと

tanin

そして、何よりも気づかないといけないことは、いくら相手のやっていることが良くないと心を痛めているにせよ、あなた自身が『人との関わり』にしがみついていることに気がついていないことなんです。

『人との関わり』にしがみつくことは、周囲の人たちと協調して仲良くしようとしているのではないのです。

そうやって、人との関わりで忙しくしている間は、あなたは自分に向き合うことから逃れることができてしまっているのです。

だって自分以外のことを問題にしていると、自分のことを考えるより、楽だし、自分が嫌にならないですから。

その中でさらに自分が自分自身に向き合わず楽に生きるために、周囲の人を自分の都合の良いように変化させようとしていることに気がつかないといけません。

だから、変わって欲しいと思われている方は、良い迷惑だと思いますよ。

タイプ別による相手の反応

jiga

もし、簡単にあなたの思い通りにならない相手なら、きっとその相手は自我がしっかりしているのでしょう。
その代わり、あなたの今回の悩みは解決することはないと思います。

簡単にあなたの思い通りになる相手なら、きっと自分がない、つまり自分に自信がないのでしょう。
ある程度はあなたの言う通りに従うと思いますが、いつか病気になるか、数年後になってあなたに強烈な怒りをぶつけてくるようになるでしょう。復讐されるかもしれません。

つまりどっちにしても、あなたの人を変えようとする考えは、あなた自身も相手のどちらも幸せにはならないということなのです。

このことからわかるように、人はどんな理由があっても人を変えようと考えるのはタブーだということなんです。

『あなたのために』という言葉は人をコントロールするのに非常に効果的な言葉ですが、これを使うのは非常に危険なのでこれからは使わないようにしましょう。

あなたの心の中は?

kirikiri

それよりも、なぜ、あなたが人を変えようとキリキリしているのか?
なぜ、そんなことに大事な時間を使っているのか、相手を信じられないのか?というところですよね。そのへんについて考えたほうがずっと幸せに近づくと思います。

why

そして、2点目として、なぜ相手は自分の意向に沿った行動をとらないのか?
その問題行動の原因は何なのか?隠れた自己主張があるのではないのか、何のSOSなのか?ということについてじっくり観察をしたり、考えてみる必要があると思います。

いつもと違った言動の裏には必ず原因があります。

本当はそこに視点を向けないといけないのに、あなたはそれをあっさりと通り越してすぐに自分の思い通りに『修正』しようとしていることに気がつかないといけません。

これは、問題行動というきっかけを利用して、相手をコントロールしようとしているだけなのです。

tugou

『どうすれば相手が変わってくれますか?』という質問の答え

ですから、『どうすれば相手が変わってくれますか?』という質問は、そういう気持ちになっているあなた自身に向き合う必要があります。自分の問題です。

なぜ人との関わりに執着するのか、なぜ相手をコントロールしたくなるのか、などについて本格的に考えて見ることが根本的な改善に近づくと思います。

つまり、相手を変えようとしてしまうあなたが問題ですから、これから自分と向き合ってくださいということになります。

watashi

ちょっと大変かもしれませんが、あなたの視点が自分自身に移行していくことで、相手との関係性は劇的に改善していくと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ