キングコング 西野さんに学ぶ 価値観の多様化

146b0b8afe23abcdcd6d356f77dd9f4b_s

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

あなたは、キングコング 西野さんのイラストを見たことはありますか?

メディアなどでも取り上げられることが多いので、一度は見たという方も多いと思います。

最近、彼のブログにはまっています。今さらなんでしょうか??

彼の独自性と強さ

今さらながら説明すると、彼は、キングコングという漫才をしていた芸人だったのですが、ひな壇でトークするのが嫌でテレビ出演を控えるようになったんですね。
そして、好きだったイラストの道へまっしぐら・・だったと思います。

かなり長いあいだ、芸人仲間や先輩から『なんで芸人止めるねん!』みたいな攻撃を受けていました。

芸人仲間や先輩は『戻ってこい』というメッセージもあったんでしょうが、どちらかというと『勝手なことをして』とか『生意気な』という気持ちの方が大きかったように思います。

太古の時代からずっと、変化しようとする人に対して、多くの人はすごい圧力をかけてくるのが常なんですよね。
まさに『一般論からのべき思考』ですね。

『芸人と決めたからには続けるべき

『テレビに出るためにはなんでもすべき

きっと、彼はお笑い芸人という仕事に夢を持ち続けてきたけど、今ではひな壇で相槌を打ったり、コメンテーターのようなことをしたり、成功者としてはMCだったりと、少し本筋からズレてきている現状に疑問を持ったんでしょうね。

そして、今後の展開を考えた結果、彼が夢を持てるもう一つの仕事に移行しただけのことのように思います。

よく考えたら、他の誰よりも長期的なリスク回避を考えているように思います。

多くの人が立ち止まらずに思考を働かさずに前進する中、『おかしいよね』って立ち止まって、『俺はあっちに行くので』と路線を変えたんですね。

そして、なんども炎上や批判を受ける期間を経て、今ではあのような大きなプロジェクトのリーダーとして多くの雇用を生み出し、また彼の4000人の独演会を満タンにして光り輝く彼がいます。

お笑い芸人で、4000人の独演会を満タンに出来るでしょうか?

彼は、まさに挑戦者であり、それをやり遂げた成功者だと思います。

今日のダイジョウブ!

だからと言って、彼のようになりましょうなんていい加減なことは言えません。

でも、彼のような挑戦する人を見て、一般論から取り出したようなごもっともな忠告をしたり、ホコリが被ったような価値観をさも合っていると疑わずに押し付けることはやめたいですよね。

あ、でも、自分の価値観を大事にするのは良いと思うんですよ。一般論でもなんでも。

でも、その価値観を人に押し付けるのは違うと思うのです。そこだけです。価値観ってそれぞれですから。

これは指導者だったり、教育者だったり、上の立場の人間は特に気をつけたいですよね。

想像してください、西野さんが今の挑戦を世間から潰されたり、自ら失敗したりした後、テレビのひな壇で愛想笑いをしている姿・・・ゾッとしませんか?

それくらい人間にとって、価値観を尊重することは大事なんだと思います。

価値観を尊重することは、生き方を自分で決めるってことだと思います。

だから、あなたの価値観を大事にすることはちっとも悪いことではないのです。

そう、ダイジョウブなんです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ