あなたの悩みが解決しない理由はこれだ!

5b64599d015c28769cf9fc78ba2c24f3_s

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

カウンセリングをしていてよく感じるのは、相談者が最初にお話しする内容と本当の問題が大きく離れていることです。

つまり、今悩んでいることからズレたところが本当のテーマ(課題)である場合が多いのです。

そんなズレたところでいろいろやっても解決できず、グルグルしているってことが多いように感じます。

ある経営者の悩みの本質

カウンセリングのお話しは出来ないので、最近雑談レベルで感じたことをお伝えします。

ある経営者が部下が育たないと悩んでいました。

なかなか応募してこないし入ってもすぐに辞めるということです。

そして、辞めないスタッフは正直あまり役に立つタイプではないそうです。

なぜなのでしょう?

このような問題に対して、例えば経営コンサルタントなら従業員を応募する広告を増やすとか、社員教育を徹底したり、賃上げを検討したりするのでしょうか?

もちろんそれも大事だとは思いますが・・・私は、もっと、もっと大事なことが隠れているように感じました。

なぜかというと、私たちの感情って不思議で、『好きなことをやりたい』という気持ちよりも、『嫌なことから逃げたい、避けたい』って気持ちの方が、強く行動に出ることが多いからです。

例えば、この件で言えば『仕事に就きたい』と言う気持ちよりも、『これだけは許せない』という気持ちが勝ったから、スタッフが辞めていくのではないでしょうか。

では、辞めていくスタッフは何が許せないと感じたのか、ちょっと職場を覗いてみたのです。

原因はすぐにわかりました。

私が感じたのは、その経営者の人間関係の持ち方に問題があるということでした。

これは無意識だと思いますが、男尊女卑、上下関係と言う関係性を重視する経営者で、知らず知らずのうちに従業員のプライドを傷つける会話や対応をしているんですね。

だから、自我が強い人は反発して辞めていき、残るのは自我の弱い人で、自我の弱い人は『いつものパターンだ』と受け入れているんだと思います。

つまり、経営者にはまずい人間関係の構造が出来上がっていて、それに気づいた人たちは寄ってこないわけです。

本来なら、その経営者に目を向けて、なぜあえて権力者が権力を使おうとするのか?そうしないと不安なのか?などの問題に取り組む必要があるように思います。

このままであれば、いくらお金を積んだとしても、応募者が増えたとしても結果は同じでしょう。

今日のダイジョウブ!

これは、お仕事の話だけではなくて、恋愛などの人間関係にも言えます。

だから、あなたがもし、『異性との関係が上手くいかない』と感じているのであれば、婚活の量を増やしてもメイクの練習をしてもあまり意味がないかもしれません。

意味がない、とまでは思いませんが、もっともっと大切な何かが問題として残っているので、表面的な解決を図っても結果として現れていないのかもしれません。

自分で自分の問題に気づき修正していくことができればベストですが、もし誰かに指導してもらうにしても、その人が表面的な問題と解決しか思いつかないのであれば、それはそれで大きな遠回りになってしまう危険もありますので、『誰に』というのはとても大事だと思います。

あなたの本当の問題は何でしょう?

また、何をやっていけばよいのでしょう?

案外、視線をちょっとズラせば見えてくるのかもしれません。

ダイジョウブ!まずは、視点をズラして試行錯誤してみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ