あなたはワクワクで動く?ドキドキで動く?

08935c58a7bcd88ba4ff3060c31e7dff_s

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

以前に聞いたことがあるのですが、マーケティングの方法として、ざっくり分けると2種類あるというようなことを言われていました。

1つは、ワクワクするマーケティング法。

もう1つは、ドキドキするマーケティング法 です。

ワクワクするマーケティング法というのは、『これを使えば、きっと楽しいことが起きる』という将来を期待させる方法です。

USJのコマーシャルなどで、『年パス買えば、あなたが主役になれる!』というようなコピーがありますが、あれですよね。

つまり、好奇心を刺激するマーケティングです。

ドキドキするマーケティング法というのは、『これを使わないと、将来恐ろしいことになる』という恐怖心をあおるような方法です。

よく、肌のシミとかを特別なカメラで写して『このままでは数年後こうなりますよー』というような通販がありますよ?あれです。

つまり、恐怖心を刺激するマーケティングです。

こういった人間の心理を利用してマーケティングなどは行われるのですが、これって人が人を扱うときにもよく使われますよね。

『あなたのこういうところが可愛いね、素敵だね♪』という言葉をずっとかけられていると、自分自身でも可愛いし、素敵だって思えるようになる。

『あなた、こんなことするんじゃないの?やめてよねー』という言葉をずっとかけられていると、自分自身で何かをするのでも自信がなくなる、失敗するような気がしてくる。

さぁ、あなたはどちらの言葉が多く残っていますか?

好奇心からくるワクワクの言葉。

恐怖心からくるドキドキの言葉。

これは最初のマーケティングの話でも言えますが、ワクワクの言葉よりも、ドキドキの言葉の方が、人をコントロールしやすいんですね。

人は、好奇心への関心よりも恐怖心への恐れの方が強いのです。だからそっちに傾く。

あなたは、恐怖心からの呪縛に取りつかれていませんか?

今日のダイジョウブ!

恐怖心からのコントロールにかかりやすい人というのは、買い物などでもこの『恐怖心』が付きまといます。つまり、何でも『恐怖心』が付きまとうのですね。

ある人がいつの日か来る震災のことを考えて、大量すぎるほどの水をタンクで用意しています。日常生活を送れなくするほどの水が家中に溢れかえっているそうです。

これも、『恐怖心』からくるものです。『不安』や『心配』も同じです。

『こうなったらどうしよう』

『ああなったらどうしよう』

って常に怯えているんですね。

いつかどっかからの攻撃に備えて、シェルターでも掘るのではないかと思って見ています。

私も昔はそうでした。でも、実際に震災を体験して、思ったのです。

『世の中そんな捨てたもんじゃない♪』と。

たくさんの援助がありましたし、人間って何もなくなると暖かいお湯でコーヒー飲むだけで最高の気分になることに気づいたのです。

『足りない、どうしよう?』ではなく、『これもあった!嬉しい。』の世界を知ったのです。

それからは、いくら予想を立ててビクビクしても起きることは起きるし、起きないことは起きない・・つまり、人の予想なんてアテにならないと思えるようになりました。

それまでの自分は、温室栽培の無菌室にずっと居たから、外からの菌や温度差などに異常に敏感になっていたんですね。

外に出ると、それほどの恐怖心もないし、どっちかというと外の風が気持ち良いと感じるかもしれません。

だから、そんなに恐怖に怯えなくても、ダイジョウブです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ