パフォーマンスを上げるためのとっても簡単な方法とは?

db8cd7998987efa87440cc3d7aebceaa_s

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

なかなか自分の決断に自信が持てずに、ウジウジしてしまうあなたに読んでいただきたいと思います。

なぜパフォーマンスが上がらないの?

このイラストのように、自分の決断に対してOKを出せる人、後から後悔しない人は、途中で立ち止まらないし、戻ることがないのでパフォーマンスが高くなります。

逆に、自分の決断に対してOKを出せない人、後から後悔する人は、途中で立ち止まったり、戻ることも多いのでパフォーマンスが低くなります。

n0

もちろん、自分について、自分の決断について深く考えるのはOKだと思うのです。

だって昔からよく言われましたよね?

ちゃんと考えたの?

それでいいの?

ほら、失敗したじゃない!

これこそが疑心暗鬼の声がけなので、そのせいで自分にも自信が持てなくなってきたんですね。

だから、自分の決断にも自信が持てずに、上のイラストのように行っては戻り、モヤモヤ グルグルして少し進んでまた、悩むってことになると思うのです。

こうなると、いつまでも前に進まないですよね。これはちょっと問題だと思うのです。

そして、このような思考や行動をしてしまうのは、私たちの過去の経験によって培った価値観とか、信念からくるわけです。

だから、もしあなたが失敗続きだとすれば『やめろ!失敗する』という内側からのメッセージが強いわけです。

でも、案外そのメッセージによって、『失敗する』というイメージトレーニングをしてしまっているから、余計に失敗しやすくなっているとも言えるのです。

でも、周りには多少失敗してもあまり気にしていないお気楽な人もいますよね?

それほど美人でもイケメンでもないのに、なぜか自信持っている人もいますよね?

あ、別にあなたにそうなってくれとは言いません。きっと無理でしょうから(笑

でも、あなたの後ろにいるあなたの監督やコーチには、このような少し能天気な指導をして欲しいのです。

d5745b8a89272f01034bf802e153e985_s

まさに、『ダイジョウブ!いける!いける!』って、応援してあげて欲しいのです。

結局は自分なんですけど、自分に自分で声をかけたら良いと思うのです。

少し、能天気に。

今までは、このコーチが厳しすぎたんですね。

db8cd7998987efa87440cc3d7aebceaa_s

あなたは、多分こういう人嫌いですよね?

でも、あなたも心の中で『ダメだ、頑張れ!』って厳しく念仏を唱えてきたせいで、あなた自身が自分に対してはとても厳しいコーチになっているみたいです。

こんなコーチの元だったら、私ならのびのびと練習したり、失敗できないと思います。

それよりも、少々間違っても『オッケー!どんまい!いけるいける!』って言ってくれるコーチなら、自由に堂々と取り組めるように思うんですよね。

09945f74830ed6b984064891a3976346_s

ぜひ、あなたも自分でもっと力を発揮したいなら、こんなコーチにキャラ変してみましょう。

今日のダイジョウブ!

案外、自分が一番嫌いなタイプに自分がなっていた。そして、自分を自分で責めていたってことがあります。

これでは、いくら周囲が褒めたたえても、バックアップしてくれても、肝心のコーチ(内なるコーチ)が怖いので、なかなか力を発揮できません。

まずは、自分が理想のコーチになって、自分から少し離れて指導してみましょう。

『オッケー!どんまい!いけるいける!』って。

これが、口癖になるくらいに慣れてきたら、きっとダイジョウブです。驚くほどパフォーマンスが上がってくるでしょう。

ダメで当たり前だと思って、試してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ