目に見えない恐怖に怯えていませんか?自己嫌悪からの脱出法

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

目に見えない恐怖に怯える日々

カウンセリングをしていると、ほとんどの方が目に見えない恐怖に怯えているように感じます。

もちろん、『目に見えない』のは幽霊みたいで気持ち悪いので、実在する『誰か』に恐怖の先、もしくは怒りや罪悪感の先を向けようとするのだと思います。

ただ、お話を聞いていくと、やっぱり『目に見えない』恐怖が原因だと気がつきます。

『目に見えない』のは、私たちの心の中にあるものだからです。

もちろん、最初は誰かや何かがあなたに恐怖を覚えさせたのだと思います。

ただ、その恐怖の種を大切に育てていったのは、自分ではないでしょうか?

そして、長年それを育てている間に、あまり気持ちよくはないけれど、長年の愛着のような気持ちが湧いてきて手放したくなくなっていく。

まさにそれこそが恐怖であり、罪悪感の正体だと思います。

提案なんですが、もしあなたが20歳を超えているのであれば、この恐怖の種をもらったという被害に対して、すでに時効が来ていると思うことにしませんか?

もちろん、それさえなければもっと自分らしくのびのびと生きてこれたでしょう。

自分の意見に自信を持つことができたでしょう。

ただ、この被害者である限り、あなたはその場所から動くことはとても難しくなるのだと思います。

『目に見えない』恐怖は、自分の中から出てきたものであって、自己嫌悪なんです。

どうすれば被害者から抜け出すことができるのか?

シンプルに『自分を一番大事にする』守る、ということです。

もし、私には子供がいるから子供の方が大事だとか、好きな人が大事だとか思ったのであれば、それは間違いです。

このように自分よりも誰かが大事という間違った考えが、不健全な依存関係や無責任な自己管理につながります。

まずは自分の足で立つこと、そしてそれぞれが自分に必死になることが当たり前になることだと思うのです。

これは老若男女どなたもです。ただし、まだ子供の場合は、将来そうなれるように養育者が教育していく必要があるのです。

自分を一番大事にするには?

悪から自分を守る

(今は自分から~しなければという理由で、悪を受け入れていませんか?)

→いやな気持ちがするならNOと言う

→悪人(恐怖を抱かせる人)から離れる

→悪い気分(恐怖を抱かせる)になる環境から離れる

自分の幸せを応援する

(『今はまだ幸せになってはいけない』というルールのもとで幸せを反対していませんか?)

→自分にとって何が大事か考える

→自分の好きなことをする

→すべては自己責任で完結する

これを個々人がやっていくことです。

そして自分を大事にすることができるようになれば、他人の生き方ややり方も気にならなくなってきます。

『自分が出来る(自分を大事に出来る)のだから、あなたも出来るでしょう』という気持ちになれるのです。

これこそが依存関係ではなく、共存関係であり、自立の一歩になります。

このようになっていくには、日頃の何気ない考え方や、言葉遣いが非常に重要になってきます。

OK言葉を使っていく

あなたが、出来ない理由や幸せになれないいい訳を言っているなら、それがNOT言葉です。

また、なぜか恐怖から人を操作するNOT言葉を使うことも多いのです。

私は~されたんだから、~出来ない

そんなことしたら~みたいになるわよ

やめときなさい、どうせ失敗するのだから

このようなNOT言葉は、勇気の芽を折り、人を委縮させ恐怖感や罪悪感で行動するようになってしまいます。

その代わりに、OK言葉を使えば自分がだんだん好きになって自信が出てきます。

頑張ってきたよな

なかなかの結果を出せてる♪

ほぼほぼok !

これくらいで良し!

やれてる、いけてる!

このような言葉遣いはすぐに出来ることですよね。

悩んでいるだけでは何も変わりません。このような言葉を使っていくことも行動の一歩です。

ぜひ、独り言からでも始めてみましょう。

今日のダイジョウブ!

もしかすると、今までは被害者になることで、自分の人生の責任から逃れていたのではないですか?

しかし、自分を幸せにするには、被害者のままではいられないのです。

あなたを不幸にする悪人と戦う強さが必要になります。

その戦いから逃れたいために、被害者という立場を選択していたのでは?それが目に見えない恐怖だったのではないでしょうか?

もし、言い訳やどれだけ不幸にさせられたかを話したくなったら、すぐにOK言葉に切り替えてください。

最初は変な感じがするかもしれませんが、100回、1000回と続けていれば自然と言えるようになるでしょう。

そしてあなたは、今までNOT言葉を何千回も何万回も呪文のように言ってきたんだなーと振り返ってみて下さい。

「幸せになるな」という呪文を。

だから、今が辛いのだと思うのです。

因果は、原因と結果。

NOT言葉を使ってきた結果が今の状態なのです。

ぜひ、この悪循環のスパイラルを止めることです。

あなたが気づけば、そのスパイラルは止めることが出来ると思いますよ!

だからダイジョウブ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ