【3限目】過去、あなたに何が起きたかを具体的に振り返る!:アダルトチルドレン(AC)癒しのワーク

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

あなたは今までのワークで、アダルトチルドレンだったり、共依存であったり、機能不全家族で育ったことがわかりました。

【はじめに】アダルトチルドレン生き直しのワークに取り組む前に

【1限目】アダルトチルドレンなのかをチェック!

【2限目】あなたが共依存/機能不全家族なのかをチェック!

では、次にあなたが実際にどんな傷を負っているのか、どんなトラウマを抱えているのかを具体的に思い出していきます。

はじめに

ぜひ、罪悪感の中で生きることを教育されたことに気付き、本当の自分を取り戻すために勇気を振り絞ってください。

では、ここで宣言をしましょう。

私はアダルトチルドレンです。
また、私の家族は機能不全家族です。
私はその家族によって、心の傷を負いました。
そして、その傷を今から振り返ります。

よろしいですか?

では、あなたが覚えている、過去の傷について聞きます。

その傷を負ったのは、何歳の時ですか?

その傷を負ったのは、何歳の時ですか?

                     歳の時に傷を負いました

その傷を負ったのは、誰から受けたのですか?

その傷を負ったのは、誰から受けたのですか?

                     から、傷を負いました

その傷を負ったのは、いつ、どこでですか?

その傷を負ったのは、いつ、どこでですか?

(いつ)                (どこ)で             

なるべく具体的に思い出してください。そして紙に書いてもらうか、こちらからプリントアウトして表に書いてみてください。

いま過去を思い出したことで・・・

その経験や傷の繰り返しによって、あなたの性格や言動がどんな影響を受けていると思いますか?

現在の私にどんな影響が?                         

今のあなたならどうしますか?

今のあなた(大人になったあなた)なら、そういった考え方を、どう変えていきたいですか?

今の私ならこうする                       

ワークはこれで終わりです。いかがでしたか?

自分の本当の姿を認めるというのは、とても大切なプロセスです。

もし、うまく思い出せない、スッキリしない場合は時間を空けてまたやってみてください。

プリントアウトしてチェックする方へ

プリントアウトして、じっくりチェックをしてみましょう。

ワークシートすべてのページはこちらから。

チェック後にワークシートを確認して、自分の過去をしっかりと振り返ってみましょう。

今日のダイジョウブ!

お疲れ様でした。

さぁ、やってみていかがでしたか?

3限目として、あなたが実際に味わった『傷』を思い出してもらいました。

人によっては、辛すぎる過去に対して、ぜったいに思い出したくないという意識が働いて、硬く蓋をしてしまう場合もあると思います。

そのような方は、すぐに思い出すことは難しいと思います。

だからこそ、今の生活の中でも感情を感じることが下手だったり、感情を表現するのが苦手で我慢したり、その挙句にキレてしまって迷惑を掛けて自己嫌悪におちいったり・・という不都合なことが起こりやすいんですね。

適当なところで感情を味わったり、吐き出すことができないのは、アダルトチルドレン(AC)の大きな特徴です。

ぜひ、自分一人の時に『良い加減』で感情を扱う練習をすることは、今の生活を快適にするためにもとても重要なことだと思います。

『良い加減』はイイカゲンではなく、ヨイカゲンですからね。

なかなか上手くいかない方は、時間を空けてなんどもトライしてみてください。

一回で出来なかったからといって、自分を責めないようにしましょう。

それだけ傷が大きいということはわかってもらえたかと思います。

では、お疲れ様でした!

アダルトチルドレンの生き直しのワーク 目次

【はじめに】アダルトチルドレン生き直しのワークに取り組む前に

【1限目】アダルトチルドレンなのかをチェック!

【2限目】あなたが共依存/機能不全家族なのかをチェック!

【3限目】過去、あなたに何が起きたかを具体的に振り返る!

【4限目】心の傷を描(書)いてみるワーク

【5限目】失ったものを悲しむワーク

【6限目】過去にして欲しかったことを置き換えるワーク

【7限目】インナーチャイルドを癒すワーク

【8限目】自分を受け入れ許しましょう

【9限目】これからは自分の人生を歩みましょう!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ