【5限目】失ったものを悲しむワーク アダルトチルドレン(AC)癒しのワーク

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

今までのワークで、すでに失ったものを悲しむワークははじまっています。

このワークでは、傷を負わした人へ、あなたの今の思いを吐き出して欲しいと思います。

でも、本人に言いにいくのではありません。
残念ながら、傷を負わした人が自分の至らない部分を修正したり、再教育するのは、本人が本人の責任で行うものです。

だから、あなたがその方のお世話をする必要はないのです。

これからは、自分のことを責任を持って世話してください。

失ったものを悲しむワーク

写真などに話しかけましょう

では、このワークでは、あなたが当時、傷を負いながらも、どうしても言えなかったことを、言ってもらいます。

では、あなたは、傷を負わした人の写真とか思い出の品とかを準備してください。
それを目の前に置いてワークをはじめます。

いままで言えなかったことを存分に言ってください。

出さない手紙を書いてみましょう

写真にむかって、言いたいことが言えましたか?

では、今度は、その人に手紙を書きましょう。

これも、手紙を本人に読んでもらうことが目的ではありません。これはあなたのためのワークです。

書いたあとにぐしゃぐしゃにして捨てても良いのですから、好きなことを書いてください。
もし、ワークシートに書くのが嫌ならば、別の紙に書いてもらってもかまいません。

心の傷を言葉や文字でアウトプットするのは、とても大切なプロセスです。

そのことに罪悪感が起きるでしょうが、何度もすることで薄めていきましょう。自分の感情を味わったり、口に出すのは決して悪いことではないのです。

プリントアウトしてチェックする方へ

プリントアウトして、じっくり取り組んでみましょう。

ワークシートすべてのページはこちらから

今日のダイジョウブ!

お疲れ様でした。

さぁ、やってみていかがでしたか?

5限目として、あなたに傷を負わせた人に対して、写真に文句を言い、そして出さない手紙を書いてもらいました。

実際に話し合うことが大事だと思っている方にとっては、ちょっと苦しいワークだったかもしれませんが、もしあなたに相手からの謝罪が欲しいなどの気持ちがあるのであれば、それは仕返しをしたいという気持ちがあるのかもしれません。

相手にあなたと同じ思いをさせても、きっとあなたが癒されることはないでしょう。

多分、罪の意識に悩まされることになります。

今までのワークもこれからのワークも、『自分のためであること』に気づきましょう。

そして、自分のためにこれからは生きることを決意してください。

では、お疲れ様でした!

アダルトチルドレンの生き直しのワーク 目次

【はじめに】アダルトチルドレン生き直しのワークに取り組む前に

【1限目】アダルトチルドレンなのかをチェック!

【2限目】あなたが共依存/機能不全家族なのかをチェック!

【3限目】過去、あなたに何が起きたかを具体的に振り返る!

【4限目】心の傷を描(書)いてみるワーク

【5限目】失ったものを悲しむワーク

【6限目】過去にして欲しかったことを置き換えるワーク

【7限目】インナーチャイルドを癒すワーク

【8限目】自分を受け入れ許しましょう

【9限目】これからは自分の人生を歩みましょう!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ