「人生うまくいかない」「何もかも失った」と感じた時に考えたいこと

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

「人生うまくいかない」

「何もかも失った」

このように感じることはよくあります。

特に安定、安心を目指して生きている方には、特にこのような問題が起きることは怖いし不安だと思います。

そもそも安定、安心って何だっけ?

ただ、今のように戦争などの心配のない10年くらい前の方が、自殺者数は多かったし、目に見えて満ち足りた人たちが悩んでいたように感じます。

つまり、人って安定、安心でいても悩むんですね。一般企業にお勤めの方よりもかなり安定、安心の公務員の方が、結構メンタルをやられて長期休暇などを取っていることからもわかりますよね。

「このままで良いのか?」

「私の人生これで良いのか?」

だから悩みは社会情勢とか私達の周りの状況とかが持ってくるのではなく、自分の中から作り出されるのだと思います。

「悩める余裕がある」と言えるのかもしれません。

人生うまくいかないと悩んだ時に

例えば、「人生うまくいかない」と悩んだ時は、どう考えたら良いのでしょう?

私の考えでは

「え?人生ってそんなみんなうまくいってるの?」

と言った感じです(笑

多分、恵まれている人はそのあたりで悩み、恵まれていない人もそのあたりで悩んでいるのだと思います。

つまり、どこでも悩みの種は見つかるということ。

その悩みの種を拾うか、無視するか、食べてしまうのか、、は人それぞれ。

ただ、「人生がうまくいかない」と悩むということは、それだけハードルを自分であげている可能性はありますね。

あなたは「人生うまくいくはず」っていう思い込みが強いのかもしれないってことです。

人生うまくいく時もあるし、うまくかない時もあるんだと思います。私も死ぬ時にならないとわかりませんが。

何もかも失ったと思った時は?

仕事を失った。失恋をした。収入の当てがなくなった。離婚などによって配偶者を失った。などによって何もかも失ったように感じているのかもしれないですね。

でも、仕事は永遠に続くものではないですね。日本は企業の寿命が長いですが、企業にも寿命があります。あなたが働いている会社もいつかは終わりを迎えます。

離婚も数分に1組とか、何組に1組は離婚している現状です。その方たちが全て「何もかも失った」とは思っていないのではないでしょうか。

もちろん、あなたにとってこのような転機というのは突然のことであって、驚いただろうし努力もしてきたのだろうから、ショックでしょう。

でも、今「転機」という言葉が出てきましたが、原因はどうにせよあなたの環境が変わるという流れはまさしく「転機」、つまりあなたが変化する必要があるタイミングだとは思いませんか?

これはあなたが悪いことをしたからではなく、これからの人生、ずっと同じ繰り返しを続けることの方がまれだと思うのです。それこそメンタルをやられてしまいます。

だからこそ、今の時期にこの段階でステップアップすることが求められているように思いませんか?

変化は痛みを伴う

また、変化というのは必ず痛みを伴います。

あなたが成長期のとき骨が伸びていく過程で、体が痛い思いをしたと思います。このように私達の心も成長するときはちょっと痛いのです。

あなた自身は何も取られていません

また、職業や収入、家族を失うといったことは、あなたの周囲の状況が変化することであって、あなたから何かを奪い取るものではありません

つまり、あなたが今まで育ててきた「人格」とか「能力」とか「心の友」とか「心の支え」などはしっかりとあなたに残っているはずです。

あなたの心や頭脳までは持って行かれてはないはずです。

「私には自分以外の家族やそこから生まれるお金などが全てなのーー!!」と思ったなら、それこそ今までの考え方が間違っていたから、起動修正を求められている今が苦しいのだと思います。

そう、あなた自身は何も失っていないのです。

今までの足かせがなくなって、余計に活躍しやすくなるかもしれません。

今日のダイジョウブ!

私たちって、「慣れ親しんだもの、人」を変えていくことがとても怖いですよね。

ただ、これを変えないでいるとどうなるのか、というとこれも悲劇です。

しがらみなどのがんじがらめになって生きていくしかない、ということになります。

もし、あなたの環境が変わり、あなたが変化をせざるをえない状況にあるならば、これはチャンスだとも言えます。

あなたの生き方をあなたらしくデザインしていく最初の一歩です。

そのために周りがスッキリしてくれたのかもしれません。

だって、あなた自身は何一つ失ってはいないのですから。

だから、ダイジョウブ!

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ