人生すべてを諦める前に1つだけ大切にしておきたいこと

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

ダイエットをしている時、資格の勉強をしている時、仕事に取り組んでいる時、誰かとの関係の中で、かならず経験するのは何をやってもうまくいかない時で、諦めようか続けようか迷いますよね。

こんな時は、どう考え対応していったら良いのでしょうか?

結果が出ないプラトー期

このような時期はプラトー期と言って、成長する時にはまっすぐ右肩上がりに成長するのではなく、なかなか結果の出ない、ある意味「たるみ」のような時期があるということです。

確かにダイエットなどは、必ず停滞期と言われる時期がありますよね。

私は、この時期こそ「自分とは?」という認識しだいでその先の道が大きく分かれる分岐点になると思っています。

あなたは、今までの人生からどんな自分像を作り上げてきましたか?

私はかなり出来るタイプだよ!

それなら、この伸び悩みの時期をラクにクリアできるでしょう!

私は失敗ばかりするタイプ・・

それなら、この伸び悩みの時期はかなりキツいでしょう・・

このように、今までの人生、もしくは経験によって作ってきた自分像によって伸び悩みの時期をクリアするかしないかは決まるといっても良いでしょう。

もし、「自分は失敗する」って思っていたら、人から「無理じゃない?」って言われたらすぐにその言葉を受け取るだろうし、テレビでやってる今日の占いとかにも心が揺れたりします。

つまり、自分がダメだという思いがある限り、無意識のうちにダメな結果を求めているのですから、伸び悩みの時期はかなり危険な時期だということです。

それほど自分がもろくなってしまうのです。

結局は自分に戻る

私たちはいろいろなことに取り組み、悩んだり伸び悩んだりしますが、「何に取り組むか」というのは本当は表面的な飾りで、結局は「自分」に取り組んでいるのです。

つまり、『前回は自分が弱くて失敗した(自分を信じきれなかった)けど今回はどうだろう、私』というプロセスにいるということです。

ここで問題がすり代りがちなのが、「努力」です。ついつい「努力さえ続ければ、、」となりますが、自分を信じられないまま努力をしてくとどうなるでしょうか?

ダイエットに話を戻すと、嫌で仕方がないトレーニングを歯をくいしばって続けると?

中には結果を出す人もいるでしょうが、最後には何もかも嫌になります。これが失敗の本当の姿です。

だから多くの人がダイエットに何度も挫折するのだと思います。

自分の気持ちを犠牲にすること

自分の気持ちを犠牲にすることは、人生の中での不幸の入り口です。

それ以外は犠牲にしても良い場合もあるだろうけど、自分の気持ちを犠牲にしたら自分ではなくなるってことだから不幸なのです。

それが自分を大切にすることの本当の意味です。

だから、誰かのためだったり、夢や目標のために自分の気持ちを犠牲にするのは、本末転倒だと思います。

この言葉を聞いて『気持ちなんて目標のためには我慢するもんでしょ』と感じたのであれば、あなた自身の考え方の癖がそこにあることに気づきましょう。

あなたの人生の教訓は?

目標  〉  気持ち

もちろん、それでうまくいっているなら何の問題もありません。

でも、今苦しくなっているのなら、自分の気持ちを無視してきたことが原因ではないでしょうか?

気持ち  〉  目標

気持ちというのは、気分ではないですよ。気分次第で目標を変えるのは違うと思います。

ただ、『自分が何をしたいのか』という気持ちは最優先してください。

もし、目標ありきで努力をしてそれで辛くなっているのなら、まずは気持ちをケアするべきです。

『今までちょっと無茶な要求を自分にしてきたな』と振り返ってみてください。

そして、少し休憩したり、取り組み方を変えることを考えましょう。

そして、続けるのは努力ではなく気持ちの方です。これは、自分を信じる力のことです。

今回は断念したけど、また復活するさ

こう思えられたら、1回の停滞や失敗がすべての終わりではなくなります。だってあなた自身はしっかりと存在しているのですから。

あなたはダメ出しする人と、褒める人、どっちが好きですか?

ただ、自分はダメだと悩んでいたとしても、それだけ必死で自分に取り組んでいることは褒めたいところだと思うのですが、違いますか?

このように自分の良いところを見つけて、自分を褒めることで自己イメージは上がります。

自己イメージが上がれば、自分を信頼することができるようになります。諦めそうになったときでも、『私ならいける』と思えるようになっていきます。

あなたはダメ出しする人と、褒める人、どっちが好きですか?

あなたは、自分に対してどっちで接していますか?

今日のダイジョウブ!

今までの人生の中で、なかなか結果が出ないときや悩みのまっただ中にいるとき、あなたは「どうやったら上手くいくか」といった方法を本やネットで探して、努力をしてきませんでしたか?

『どうやったら?』というのは手段です。あなたは手段を尽くして疲れてしまったのです。

そうであれば、今すぐにその努力をやめて、静かに「今までの自分」を映画のように思い出してみてください。

頑張っていませんか?

そう、今までの自分を信じられるなら、これからも信じ続ける覚悟を決めるだけで、きっと心の嵐は過ぎ去り、また太陽が顔を出すと思いますよ。

だから、ダイジョウブ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ