あなたは有言実行してますか?自分を変えられない人の共通点

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

こうなりたい、変わりたいって口だけで言ってるんだけど、なんだかんだと理由をつけて先延ばしにしてしまうことはよくありますよね?

でも、中にはさっと行動に移してしまう有言実行の人もいる。

この違いは一体何なんでしょうか?

変われないには2種類の理由がある?!

変われない、有言実行できない人には、2種類の理由があると考えています。

本当に変えたくて変えられない人と、本当は変えたくない人です。

当然ですが、この違いが大きいのです。

なぜなら、私たちの思いは達成できる可能性が高いからです。

つまり、本当に変わりたい人は変われるだろうし、変わりたくない人は何か原因があって変われないという結果になる、ということ。

また変われない原因は、多くの場合は自分から作り出しています。途中で自分から失敗するとか、嫌になってくる、気が変わるなどですね。または、人からの変わるなというアドバイスを受け止めてしまうことも自然に多くなります。

ということは、有言実行できない、変わりたいけど変われないというテーマで悩んで立ち止まっているなら、自分の心に聞いてみてください、「私、本当に変わりたいの?」と。

むしろあなたのテーマは、こちらにあるのではないでしょうか?

本当のテーマは、変わりたくないけど変わる「べき」だと、有言実行「すべき」だと自分に厳しく指導していることが問題なのではありませんか?

なんとなく目的設定したけど、本当はやりたくないからなかなか始められないし、しぶしぶやりだしたとしても、ちっとも楽しくない、だから続かない。

この悪循環にまずは気付くことです。

当たり前なんですが、今までやりたいことをやってこなかった人にとっては、やりたいことがまずわからないですよね?

まずは、変わりたいのか変わりたくないのか、しかも変わる方向は間違っていないか、本当の気持ちを自分に聞いてみてください。

本当は起業したくないジレンマ

この話をしていて頭に浮かんだのは、少し前によくいたのですが、「僕、起業したいと思ってます」と言ってる方たちのことです。

不思議なんですが、10年くらいそう言いながら起業セミナーとかに行ってる方が実際にいました。当然今もお勤めです。つまり、有言実行ではなく有口無行の方ということになります。

これは本人は気付いてないと思いますが、間違いなく心のどこかで「起業したくない」気持ちが強いのだと思います。

本当に起業したいなら、有言はしません。つまり、人には言わないと思います。家族にさえも言わないでしょう。

だって10人に言えば、8人くらいは反対しますから。

なぜかって、起業しているかチャレンジャーな人の割合はそれくらいの確率しかいないからです。

だから、その方もどこかで起業の一歩を踏み出さないように、多くの人に有言することで止めてもらっているのが本当のところなんだと思います。

そのことに気がついた上でなら、その方の活動もある意味で楽しいものになると思います。

でも、「なんで起業出来ないんだろう」って自分を責めるなら、辛くなりますよね。

本当は起業したくないのですから。

有言実行を邪魔するハードル

本当に変わりたいなら、無謀な夢でなければ、たぶん変われます。

私たちの前に立つハードルは大抵は乗り越えられるものだからです。

ただし気をつけて欲しいのは

  • 変わるためのテクニックを読んで、細かい言動の修正をしてもムダです。
  • 変わりたいあなたを応援してくれる人を、今の環境で探すのも時間のムダです。

つまり、変わるってことは、小手先だけでは無理だってことです。

あなたが変われば、付き合う人も当然変わるはずだからです。見た目だけを変えるならそれは、ファッションを変えただけのことであって、本当の意味で変わるってことではないのです。

それだけ大きな決断が必要なんです。

もしかすると、変わるのが嫌になってきましたか?

でも、好きなことをするために変わることができると、達成感があるし自信が出てきます。

自分で自分をコントロールできるすがすがしさは、他人からコントロールされているのとは全く違う充実感です。

その大きな決断の先に、ワクワクが来るのですが、そのハードルの前でやめちゃう人がほとんどなんです。

なぜ、ハードルの前でやめてしまうのでしょうか?

ハードル前かハードル後では大きな違い

このハードル前には、超えてしまう、つまり変わるのを反対する人たちが待ち構えています。

この人たちは、それを仕事か人生の使命などと勘違いしてるかのように、ハードルを飛び越えようとする人に対して「やめろ」「無理だ」と声をかけます。

なぜか飛んでもない人が、です。

なぜ反対するかというと、ハードルを飛び越えてしまうと「寂しい」し、もし失敗した時のリスク回避です。「あなたが応援するって言うから〜」とか言われたくないのです。

つまり、反対する人の事情があるからなんです。

そのために、あなたは前に進むのを諦めますか?

でも、あなたも今は残念ながらこのハードルの前にいるはずです。

このままハードル前にいたままだと、あなたもハードル前で反対する仕事をするようになるかもしれません。

あなたは、このままハードル前の人で良いですか?

もし変わりたいなら、一人で静かに準備を始めましょう。無言実行です。

なぜ無言実行なのかというと、わざわざハードル前の人を、自分から集める必要はないからです。

でも、だんだんと変わったあなたに気付いて心配したり、反対する人も出てきます。

これが強敵であるハードル前の方の登場です。

だからハードル前の状態に行くまでに、「自分の気持ち」を軸にブレない心を整えておいてください。

間違っても、ハードル前の人に相談などはしないように。

迷ったら誰かに聞くのではなく、自分に問いかけましょう。

私はどうなりたいの?

誰かの言いなりの生き方でいいの?

このハードルをクリアできたなら、あなたは変わるという1つのテーマを達成したといえるでしょう。

また、変わったと同時にかなり強くしなやかになっているはずです。

今日のダイジョウブ!

まとめると、有言実行できない人、変われない人の共通点は、実は「できない、変わりたくない」と思っているっていうとても単純な理由だったのです。

そして、あなたが変わるにしても変わらないにしても「自分の心に嘘はつかない」ということが、この先のあらゆるハードルを乗り越えるためには何よりも大事なんだと思います。

まずは、自分です。自分!

そして安易に夢などを話さないことです。有言実行ではなく、無言実行です。

自分軸さえブレなければ、ダイジョウブ!なのです。

メタ情報

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ