あなたの感情がマヒした理由とは?〜今こそ復活のチャンス!〜

こんにちは!ダイジョウ部のカミ・トモです。

あなたは、自分の感情がマヒしていると感じているのでしょうか?

あなたの感情がマヒした理由

麻痺(まひ、痲痹とも)とは、一般的には、四肢などが完全に機能を喪失していることや、感覚が鈍って、もしくは完全に失われた状態を指す。比喩的に使われることも多く、「金銭感覚が麻痺する」「交通麻痺(=極度の交通渋滞や災害等により、道路機能が失われること)」などの用例がある。

マヒというのは、手術などの時にそのままではあまりにも痛すぎるから、痛みを感じなくさせる薬を使って、神経を鈍感にさせてしまう方法ですよね。

それが心に作用しているということは、実際はあなたの心はそうとう痛いはずです。

あなたは心の痛さをちゃんと感じられていますか?

マヒから自分の気持ちを取り戻すプロセス

マヒ

痛みを感じる

痛みの原因を知る

解決策に挑戦する

解決

こう言った道のりになると思います。

このような時、私たちはすぐにその痛みを和らげる方法を探してしまいますが、もっと根本のところを見つけて気付かないと、マヒさせる薬を強めるだけで、同じような心の痛みやマヒはすぐにまたやってくると思っています。

マヒさせる薬というのは、薬物かもしれないし、飲酒かもしれないし、人との関わりに執着することかもしれません。このような自分以外の人や物に依存をすることで痛い感情をマヒさせている可能性は高いですね。

もし、あなたの心がマヒしたままでラクなのであれば、それはそれで良いと思うのです。
そうして一生を終える人はたくさんいるし、むしろそっちの方が多いと思います。

でも、その痛みを何とかしたい、依存などに困っていると思うのであれば、今は取り組むタイミングであること、それだけのパワーが自分にあることに気づいて、自分と相談しながら取り組むのも決して悪くはないと思います。

なぜあなたの心がそこまで痛いのか?

最初の始まりってすごく小さなことだったと思います。

小さな嘘。そう、自分の心に嘘をついたのだと思います。

本当は嫌だけど、これぐらいちょっと我慢していればいいや
好きじゃないけど、そう言ったら嫌な顔されそう

そんな小さな気遣いだったり嘘だったりが、だんだんとあなたを侵食してきた。

そして、気がつくと嫌なことばっかりやるようになっていた。

好きとか嫌いで物事を決めることもなくなってきた。

嫌なことをしている自分って楽しいですか?

きっと楽しくないですよね。嫌ですよね。

でも、嫌って感じる自分にも嘘をついてしまった。

嫌じゃない!!!!
好きでやってるのよ!!!!

でも本当は嫌だし辛い。だからいっそ感じないようにした。つまり、さらに嘘をついた。

そして、今の感情がマヒした自分になったのではないでしょうか?

大事なのはそれに気づいたこと

もし、あなたが感情が完全にマヒした状態なら、きっと部屋の中でポツンと座っているだけなのではないでしょうか?

でも、あなたは今まさに解決策を探しているはずです。

ということは、あなたはすでに改善に向けての方向へ向いて歩き始めているのです。

そこまで自分の力で進んできた自分をぜひ褒めてください。

そして、ここまで苦労をしながらも『自分らしい生き方』を模索していることに気づいてください。

これからは、実際に自己主張したり、嫌ならノーと言ったり、やらないという選択をしていく必要が出てくるでしょう。

その道は長くて険しいと感じているかもしれませんが、私はあなたがここまで来た道のりの方がずっと険しくて長かったと思います。
自分で気づき、悩んで悩んで解決策を探してきたわけですから。

気づいている人といない人の差というのは、一生という単位で測れないほど途方もない距離があると私は思います。

あなたの周りにもいませんか?浅いレベルの思考で生きている人。そう言った人とはやっぱり違うわけです。

だからこそ、実際に自分の思いを言動に移すことなど、エイっていう一瞬の勇気だけですから、これに関しては少しづつでもやっていれば慣れてくるはずです。

でも、どうしてもできない理由は、別にあるはずです。
『こんなこと言ったら相手が可哀想、悲しむ』という気遣いではないでしょうか?

あなたの心を搾取する詐欺師

あなたはもともと相手の気持ちを考えてしまうような性格であったと思います。

それが良いように相手に映れば『気遣いのできる人』『共感力が高い人』となるのですが、運悪く相手が詐欺師のような人であった場合は、『もっと、もっと』とあなたから気持ちや大切な時間を搾取しようとするでしょう。

もしかすると、あなたはどこで出会ったかはわかりませんが、そう言った詐欺師のような人に純粋な気持ちを搾取され尽くしてしまったのかもしれません。

途中で気付けば良かったのですが、何かの手違いで何も言えずに最近まで盲従してしまったのでしょう。

これからはこう言った、手段を選ばずにあなたの気持ちを搾取するような詐欺師とは接触しないように気をつけるべきです。これは金銭を搾取する詐欺師と同じで、最終的にあなたの命を守るために、です。

そう言った意味で、あなたは騙されやすい傾向があることに気づきましょう。

それは、優しさではなく弱さだということにも、この際だから気づきましょう。

まず最初に何をしたら良いの?

とにかくわかりやすく自分を鍛えて強くなりましょう。

筋トレでも良いし、ダイエットでも良いです。
大きな声を出すためのボイストレーニングでも良いです。話し方教室でも良いです。
一人旅でも良いし、英会話を習うのもいいですね。

とにかく何か一つ、あなたが自信を持てる『何か』を身につけてください。

ポイントは好きなこと、やってみたいと思ったことです。

嫌なことをやっていては、今までの自分と同じになってしまいます。

そして、そのことで自分に自信を持つことができたら、どんどん自分を褒めてください。

痩せたよねー
綺麗だね!
通る声だねー
あそこまで行ったの?すごいねー

などなど

自分の好きなことに挑戦して、自信をつけるってすごく気持ちがいいはずです。

今までは好きでもないことに挑戦して、褒められてから自信をつけようとしていたのでは?

だから、『もっともっと』の詐欺師からは褒められなかったのです。

詐欺師から見れば褒めたら満足をして他に興味を持って飛び立ったり、今の努力をやめると思ったから、褒めなかっただけなのです。
そうすると、搾取できなくなるからです。

あなたは、もらえるはずのない褒美を、与えるつもりもない人に求めていたのではないでしょうか?

これからは、自分自身で自信をつけていきましょう。しかも、好きなことで!

今日のダイジョウブ!

あなたに足りなかったのは『好きなことに取り組む勇気』と『自信』です。

そのおかげで、自分の感情を見失ってしまいました。大変な損失でした。

また、それを補うための『自分以外の人』の存在であったし、それを得るために『嫌な気持ち』を味わうこともあった。

つまり、あなたにも嫌なことをする目的はしっかりとあったのです。

それはズバリ『自信のない自分を助けて欲しいと思う気持ち』です。

でも、あなたが自分の足で立って、自信を自分でつけていけば、キョロキョロと誰かを求めてすがりつくような必要は無くなるのです。

そう、あなたが強くなって自信をつけることで、あなたの悩みは全て解消するはずです。

解決策はしっかりあります。だからダイジョウブ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ