頑張りすぎて疲れてしまったあなたへ

頑張りすぎて疲れてしまったあなたへ

 

どうですか?まだ努力続けていますか?

 

頑張りすぎてしまう人は、たぶん何が起きても頑張るのだと思うのです。

 

なぜなら、私がそうだから(汗

 

頑張りすぎてしまう人は、何が起きても頑張る

嬉しいことが起きても頑張る。

 

ショックなことが起きても頑張る。

 

何もやる気が無くても頑張る。

 

ま、これだけ頑張っていると、きっと疲れますよね。

 

それでも、その先に成功が約束されていたら『頑張った甲斐があった』と喜ぶこともできるのですが、その先に失敗や努力の成果がないということになると結構辛いですよね。

 

そして、『頑張りが足りなかったからだ』とまた頑張る。

 

周囲にこのようなことを言う人がいたら、また最悪。

 

ただ、この頑張りって際限がないのが問題なんですね。

 

その努力の意味は?

 

 

例えば地球から月までの距離が384,400 kmらしいのですね。今、ネットで調べたんですが。

 

これを聞くと『へー遠い』とか『わからない』とか思いますよね。

 

ホリエモンなら『ロケット飛ばそう!』って言うかもしれないですね。

 

でも、頑張り屋さんの何割かの人は、この地球から月までの距離384,400 kmを地球上で歩いて達成しようとするらしいのです。

運動場何周とか、日本何周とかでその距離に到達する努力を始めるらしいのです。

 

『これ、なんの意味があるのでしょう?』

 

と、思ってしまいますが、それくらい努力をしたい、頑張りたいっていう証拠なのではないでしょうか。疑似努力っていうことかな?

 

でも、いくら地上をぐるぐる歩いても走っても、月には行けないんですね。

 

ここまで飛躍した努力をする人は少ないかもしれませんが、私たちの日常の中でもこのような『努力するための努力』をしていることがあるかもしれないですね。

 

努力するための努力

 

『これさえ頑張れば、その先は報われる』

 

人って、動物の中でも唯一というくらい先の幸せのために努力ができる生き物なのだそうです。それくらい高度な特性なんでしょうけど、頑張り屋さんはその高度な特性を取り入れて頼ってしまう可能性が高いのだと思います。

 

でも、このような努力は、努力している最中は楽しくないはずです。

 

『やっていることすべてが楽しいはずがない!』と怒られそうですが、わざわざ楽しくないこと、苦しいことを選択するのもおかしい気がするのです。

 

このような考え方は

努力 = 楽しくない、苦痛

という方程式になります。

 

そして、これに慣れてくると、だんだんと

楽しくないこと、苦痛なことをする = 努力している証

という方程式に変わってしまい、これからやろうとすることに苦労があることを自分から選択してしまうという悪循環になってしまうようにも思えるのです。

 

辛いこと、楽しくないことをやっていればいつか報われるかも?

 

人は得意なことを無意識に取り入れる癖がありますが、頑張り屋さんにとっては努力や苦労をあえて選択している傾向があることに気づいてみませんか?

 

頑張ることをやめられないなら?

もし、あなたが頑張ったのに結果が出ない、疲れてしまっているのなら、すぐに『別の頑張ること』を探そうとしている自分に気づいてこの流れをSTOPしてみましょう。

 

もし、あなたに問題があるとすれば、『頑張ることをやめられない』という特徴なのかもしれません。

 

ただ、得意なこと、つまり『頑張ることをやめられない』ことをあなたから取り上げるのは、ある意味残酷なのかもしれません。ずっとやってきたことですから。

 

では、このような頑張りをしてみませんか?

自分を楽にする努力をする。

自分の好きなことを選択するようにする。

やりたかったことをやってみる努力をする。

このような努力なら、やっている間も楽しいし、その先に成功があっても失敗があっても、その楽しさで相殺できるのではないでしょうか。

 

苦しいことや楽しくないことをやることに、あまり価値を置かないほうが良いと思いますよ。

 

今日のダイジョウブ!

今までは、もしかすると頑張った先に旗(フラッグ)があると思っていたから頑張ってこられたのかもしれません。

 

旗(フラッグ)は、誰かの評価だったり名誉だったり、もしかすると復讐心かもしれません。

 

でも、それはどういう意味かというと、あなたの中に『何かを努力することでの見返り』を求めてしまう気持ちがあることに気づいて欲しいのです。

 

なぜなら、努力の先は見返りじゃなくて、きっと『さらなる努力』が待っているだけだと思うのです。

 

例えば、いつもアメをくれる人に会ったら次もアメをくれるのが当たり前になってきますよね。

それと同じで、あなたの努力も相手にとっては当たり前になってしまうのです。

 

だから、感謝もされなくなってしまうのです。

 

そもそも最初からアメも努力もしてあげる必要なんかなかったんです。

 

あなた自身のそのままでダイジョウブだったのです♪