ACは「対決」をすれば解決になるのか?

ACは「対決」をすれば解決になるのか?

 

よく、ACが養育者などとの関係について取り組もうとする時に、1つの目標として「対決する」という言葉が出てきます。

 

もちろん、今まで言われっぱなしなのであれば、少しは言い返せるようにならないと対等になれませんから、自分自身が強くなることは良いと思います。

 

でも、本当の目標って「対決して勝つ」ではないのです。

 

きっと対決して勝ったと思っても、悩みは解決しないはずです。

 

むしろ「対決したい」「対決しなければ」と考えていることからもわかるように、現状はその相手へのこだわりがかなり強く、心理的にがんじがらめになっている。つまり、その人との関係性しか見えてない状態なのです。

 

これは、実は相手の思惑にスッポリとはまっていることに気がつきませんか?
本当は、相手としてもあなたに従順に服従してもらうことが一番嬉しいかもしれないですが、たとえ嫌われたとしても離れていくよりは数倍も数十倍もマシなはずです。

 

今はこのような、「イヤイヤながらも縛られている状態」です。

 

つまり、「対決する」と考えるのは視野が極端に狭くなっている証拠です。
むしろ、その人から「離れていく」ことを考えましょう。

 

これは、引越しとか転職などの物理的な意味もありますが、メインは心理的に「離れていく」ことです。

 

いくら嫌な人から離れていても、しょっちゅう思い出して嫌な気分になるのであれば、それは心理的に密着した状態です。

 

なぜ心理的に密着してしまうのか?

では、なぜ心理的に密着してしまうのか?離れられないのかわかりますか?

 

これは、相手に「期待がある」からです。

 

どんな期待でしょう?

 

愛されたい、お金やモノをもらえる権利を失いたくないなど、これは本当のところはあなたにしかわかりませんが、この「期待」があって、それを認めることができないと先には進みにくいと思います。

 

そんな期待はない?

 

では、たとえばあまり対応が良くないレジのスタッフの方に当たったとして、その方と「対決しよう」と思いますか?

 

 

きっと、思わないと思います。なぜなら、これからはそのレジの人ではない人を選んで利用したら良いわけです。店を替えてもいいでしょう。

なぜこのように対決にいたらないかというと、最初からレジのスタッフには期待が少ないからなのです。つまり、「替わりはいくらでもいる」という割り切りがこちらで出来るからです。

 

「期待」というパッケージに入った依存

 

このように、あなた自身が相手に期待をしていなければ、「対決しよう」とも思わないし、嫌で気になって仕方がないともならないのです。

 

もし、あなたがこの「期待がある」かないかではっきりせずにモヤモヤしているならば、あなたのテーマはこの辺にあるかもしれません。

 

つまり、自分の中にある「期待」を認められない、自分の中にある依存心を否定し続けているから解決しないのかもしれません。

 

もしかすると、本当は頼りたいのにうまく頼らせてくれないから、嫌な気分になる。だから、嫌い。という方程式なのかもしれません。

 

「私が●●と対決したいと思うのは、私の中に●●に頼りたい気持ちがあって、それがどうしても諦められないからだ」

ということではありませんか。

 

つまり、期待したものがもらえなくてスネているんですねーーー。

 

 

くやしいけど「私、スネてる」って思えるようになったら、ゴールはぐんと近くなります。

だって、やっと自分の問題になったのですから。

 

「相手が悪い」と相手に問題を渡しているうちは、何も進みません。

「自分の問題」と自分で受け取り試行錯誤を始めることで、ようやくあなたの運命の輪が動き出します。

 

 

そして、本当の目的は「対決する」でも「離れていく」でもなく、「どうでも良くなる」ことです。

 

「対決などはどうでも良い。私には私のやりたいことがあって、自分の人生を歩むのだ!」と思えるようになることです。

 

今日のダイジョウブ!

よく、「困難さえ乗り越えたら幸せが手に入る」と私たちは思いがちですが、実は先に幸せを手に入れることで、困難なことがちっぽけに思えてくることの方が現実的には多い気がするし、そっちの方がずっと簡単だと思います。

 

不幸を何とかするよりも、まずは幸せになってみる。

 

そりゃ、すぐに幸せになれることはないと思います。

 

でも、嫌いな方や不幸な方ばかりを向いてため息をついているよりも、幸せの方へ視線を向けてみてはいかがでしょう?

 

幸せってすごい抽象的ですが、「今日の晩御飯に一品増やしちゃう」とかそんなことです。

 

でも、その方がずっと楽しそうですよね?

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村