嫌な気持ちでイライラしてしまう時に効果的な呼吸法

嫌な気持ちでイライラしてしまう時に効果的な呼吸法

 

イライラしたり落ち込んだりしていませんか?

 

気持ちがイライラしてどうしようもない時、どうでもいいやと投げ出したくなる時などはありませんか?

 

これはネガティブな感情にあなたの全部が巻き込まれている証拠です。
理由は焦りだったり自分を信じられない、疲れなどもあるでしょう。

 

このような時に何かを判断したり、行動すると大抵はうまくいかずに余計にイライラしたり落ち込んでしまいます。

 

では、このようなネガティブな感情をリセットするにはどうしたら良いでしょうか?

 

私がやっている嫌な感情をリセットする方法をお伝えします。

 

それはとっても簡単です。深呼吸を決まった時にする習慣をつけることなのです。

「瞑想」と呼ばれることもあります。
「瞑想」って宗教?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
元々は東洋の習慣だったかもしれませんが、今ではGoogleなどの世界的に有名な大企業までもがマインドフルネスと呼ばれ、社員のメンタルケアの1つとして、また能力開発の意味でも使われています。

 

 

マインドフルネスとは

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程である 。瞑想およびその他の訓練を通じて開発することができる。
マインドフルネスの語義として、今この瞬間の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることであるとか、特別な形で、意図的に、評価や判断とは無縁に、注意を払うことであるといった説明がなされることもある。

 

「無」の状態を自分で作る

なぜ、この「瞑想」で嫌な感情をリセットできるのかというと、深呼吸をしている間はそのことだけを考えるからです。もちろん最初は色々と「これからアレをしなくては」「あ、忘れてた」などと雑念が出てきます。

 

でも、慣れてくると自然に「無」の状態を自分で作ることができるようになります。
これがとっても大事なのです。1日に5分だけでも「無」の状態を作ることができれば、嫌な気持ちもリセットできるからなんです。

 

「瞑想」してみるとだんだん周囲のイライラ、ガサガサしている人が見えてくるのです。今までは、自分もイライラ、ガサガサしていから当たり前だったから気づきもしなかったんですね。

 

私のイメージでは自分をちょっと上のところから俯瞰している感じになってきます。

 

これに気づくと自分も「あ、落ち着こう」と思えるようになります。
また、イライラ、ガサガサしている人から少し離れたほうがいいと思えるようになります。

 

そうして、自分からトラブルに近づかない、遠ざけることができるようになってくるのです。

 

そうすれば、ネガティブな感情が生まれたり、巻き込まれる可能性が格段に減って行きます。

 

ぜひ、あなたも一週間くらいやってみてください。自分の変化に気づけるはずです。

この深呼吸で自分のコントロールができるようになると、例えば職場などでイライラした時も5分くらいトイレにこもって深呼吸をすれば、嫌な感情をリセットすることができるようになります。

もっと慣れてくると嫌な状況の中でも静かに深呼吸して気持ちを整えることができるようになります。

 

「瞑想」をやってみましょう

 

では、早速この「瞑想」をやってみましょう。

これは呼吸をしている私達なら誰でもできます。呼吸をもっとゆっくりと大きくするだけですから。

私の場合は、朝起きて布団から出る前に5分くらい、また寝る前に布団に入った時に5分くらいやってます。

 

格好は楽な姿勢でいいでしょう。椅子でも良いです。ヨガのポーズでもいいです。

 

最初は普通に鼻から息を吸います。

 

次の吐き出す時が大事なのですが、今度は口をすぼめて小さく息をはいて行きます。
細く長く30秒くらいかけるつもりでゆっくりと息を吐き出してください。
イメージではハートについたススとかホコリを息と一緒に吐き出す感じでやってます。
日常生活では、このハートはすぐに汚れてしまうので1日に2回ほどキレイにするのです。

 

この深呼吸を10回くらいでしょうか。やってみてください。

 

では、最後に一緒に練習してみましょう。

動画を観ながら一緒にやるともっとわかりやすいと思います。

 

はい、では椅子に座るなどリラックスした姿勢になってください。
背中を丸めた状態だとうまく深呼吸ができないので、背筋は伸ばしてください。

はい、では息を鼻から吸ってください。スー。
そして、口をすぼめて細く長く息を吐き出します。はい。フーーーーーー。

 

ではもう一度やってみましょう。

 

はい、では息を鼻から吸ってください。スー。
そして、口をすぼめて細く長く息を吐き出します。はい。フーーーーーー。

 

これは、大人でも子供でもできる簡単な感情のコントロール法です。
ストレスが多い方などは今日からでも実践してみてください。