嘘って悪くないの?嘘をつく人の本当の理由と解決策

嘘って悪くないの?嘘をつく人の本当の理由と解決策
また嘘ついたー
また嘘ついたー

大事な場面でミスをしてしまった時や自分が疑われそうになった時に、ついつい嘘をついてしまったことはありませんか?

 

誰でもやってしまいがちですが、日常的にやると信用されなくなってしまいますよね?

 

 

どうして嘘をつかなくてはならないのでしょう?

 

 

その辺が知りたいところですよね。

 

このような行動をキーワードで調べると、ADHDなどいろいろな症状が出てきますが、嘘をつくことに症状名がつくのも少し変な感じもします。

 

なぜなら、症状がつくとそこで悩む方の探求は終わるように思えるからです。

そうやって悩み、納得するの繰り返しをしてきたのではないでしょうか?

 

そしてまた悩んでいるのですね。

 

・・・この悪循環をそろそろやめませんか?

 

だから今回はそのような症状の話は抜きで考えていきたいと思います。

 

結論から言うと、嘘をつく理由は「過去の成功体験」からくると私は思っています。

 

「成功?してないよ」と思われたかもしれませんが、この理由については後で説明します。

 

なぜ症状名や病名を求めるのか?

 

私たち人間にとって「どこにも属さない」というのは不安なものです。

 

自分のしていることが、誰にも理解されない、ほかに誰もやってないというのは耐えられないですね。

 

だから、ネットや本などで同じような症状に悩む人の体験談を読んだり、病名や症状名があるとわかると「自分一人ではなかった」と安心できるのです。

 

その気持ちはわかります。ただ、こういった原因追求ばかりをしても日常生活での「生きにくさ」に変わりはなく、自分は変われないのだと最終的には落ち込んでしまうのだと思います。

 

この原因追求が「逃げ」になってしまうと、悩んでいる問題の前でウロウロしてしまうことになってしまいます。

 

嘘は悪くない

最初にお伝えしたように、私は嘘をついてしまう人の深層心理は「過去の成功体験」だと思っています。

 

嘘というのが「悪いこと」だとするならば、嘘と成功というのは結びつかないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

嘘のない本音が一番だと言われても、「それもどうかな?」と思いますよね?ただの空気が読めない人になってしまうかもしれません。

 

そう、嘘も方便というように時と場合によっては嘘をつくことがプラスに働くこともあります。

 

また、嫌だと思っていても今だに嘘をついているということは、それ以上の「方便(目的のために利用する便宜的な手だて)」が見つかっていないからだと思います。

 

きっとあなたにとって嘘は自分を守るため、相手を傷つけないためなどの方法であり、嘘によって助けられてきたことも多くあったはずです。

 

だから、嘘は悪者ではないことに気づきましょう。

 

ホッとしたー
ホッとしたー

 

嘘で悩んでしまう理由

先ほど嘘は「過去の成功体験」であり、悪者ではないとお伝えしましたが、それなのになぜあなたが苦しんでいるかについて考えてみたいと思います。

 

きっと嫌だと思っても嘘を言ってしまうのは、反射的に口から出ているからだと思います。

 

つまり、あまり考えずにやってしまっているのです。

 

これが問題なのです。

 

つまり、嘘をつくのは悪いことではないけど、考えずに話していることがダメなのです。

 

また口から出た嘘
また口から出た嘘

 

嘘をつかないようにするには

今までは「嘘を言ってはいけない」と禁止令をだしたけど効果がなかったのですから、やり方が違ったのです。

 

これからは、嘘を言っても良いし、本音を言っても良いと考えなおしてください。

 

大事なのは、嘘や本音を出す前に一回一回「考えて」から口から出すようにしてください。

 

そこで思考停止になってしまうなら、「ダメ!考えて」と自分を応援してください。

 

私たちはどんなことを考えても良いのですが、それを言葉として口から出したり、テキストになって人目に触れたりしてしまうと、事実となって責任が生まれます。

 

あなたが気を付けるのは、反射的にではなく自分の意思で言葉を選ぶ、これだけなのです。

 

言葉の引き出しを持つ
言葉の引き出しを持とう

 

まとめ

 

とはいえ、言葉を発する前にいろいろと考えることはなかなか難しいかもしれません。

 

でも、考えてみてください。誰でもはじめてやることは大変なのです。二段とばし三段とばしなどせずに、一歩一歩進むのが一番着実なやり方です。

 

だから、最初は時間をかけてもいいじゃないですか。仲の良い人にならあらかじめ練習中だと言っておくと良いでしょう。

 

また、いつもそれを覚えておくためのお守りのようなものを持っても良いかもしれません。

 

お守り
お守り

 

今までの考えを修正したり練習したりするのは大変ですが、悩みを解決して本来の自分らしさを取り戻す方がずっと大事ですよね。

 

今日の話をざっくりと3つにまとめると

 

  • 嘘は悪くない 
  • 言葉に意思と責任を持つ
  • 最初は誰でも上手く出来ない

 

となります。

これからは自分から発する言葉をもっと大事に扱ってくださいね。でも、最後まで読んだあなたなら実践できるのではないでしょうか?

 

以上で終わります。ありがとうございました。

 

●おすすめ記事

恋人から距離を置かれて意味がわからない。その理由とは?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村