1.思ったようにいかない理由とは?【自分の思う通りに目標に到達する方法】

1.思ったようにいかない理由とは?【自分の思う通りに目標に到達する方法】

 
私たちが何かをしようとした時に、なぜかしらブレーキをかけてしまうことがあります。
 
その理由は大きく分けて2つあります。
 
これからはこの2つの理由をしっかりと理解して、うまくいかない原因を排除して理想の未来に向けて生きていけるような方法をお伝えしたいと思います。
 
 

理想通りのことができている人なんているの?

 
 
とは言っても、理想通りの生き方をしている人は多分1%くらいかもしれません。
 
その言葉を聞いて「やっぱり無理だ」とか「そうに決まっている」と思ったなら、ぜひこれからのシリーズを聞いてもらって、今後の生活に役立ててもらいたいと思います。
 
さっき言ったように、無意識に出てくるこの「やっぱり無理だ」とか「そうに決まっている」という言葉こそが、私たちを今まで通りの居心地の悪い環境とか生き方にとどまらせる厄介な魔物だということをしっかりと理解してもらいたいと思います。

周囲の人はホメオスですか?

 
例えば、このような「やっぱり無理だ」とか「そうに決まっている」という言葉を使う人が周囲にいたなら要注意なのです。
 
そして大概の人の周囲にはこのような言葉を使う人がいるはずです。
 
特に身近な人はこのような言葉を使います。
 
極端な話、99%の人は使っていると思ってください。
 
では、なぜこのようなやる気を無くさせる言葉を使うのか、ということなんですが、これはホメオスタシス・・略してホメオスという厳格な別人格があなたにも、そして周囲の人にも付いていると思ってください。
 
そのホメオスがあなたが怪我をしないように、そして失敗をしないように警護してくれているとイメージしてください。
 
このホメオスに守られて生きていくことが、いわゆる平凡な生き方ということになります。
 
そして、さっきも言いましたが99%の人は、そのホメオスに従って生きているのですから、あなたが何か新しいことをしようとすれば反対して来ます。
 
でも、これはホメオスの正義感だということに気づくことが大事なのです。
 
 

何かをする時に相談してはいけない?

 
周囲の人たちは、裏で耳打ちされたホメオスの言葉をそのまま発しているだけなのです。
 
逆に誰かに相談することは、極端にいえばこのホメオスの言葉を聞きにいくようなものなのです。
 
そしてこのホメオスは必ず新しいことはするなと言います。
 
つまり、99%の人は新しいことを反対すると思ってください。
だから、何かをする時に相談することは勧めません。
 
なぜなら、絶対に反対するからです。
 
じゃあどうすれば良いの?なのですが、相談せずに始めたらいいのだと思います。
 
もしそこで相談したいという気持ちが出てくるのであれば、それはあなたが心の奥底でホメオスの言葉を聞きたい、つまりあなた自身がどこかで止めて欲しいという気持ちが残っているからだと気づいてください。
 
人はそれくらいに自分を守ろう、家族を守ろうとする本能があるということに気づくことが必要になります。
 
また、この思考や行動はあくまでも無意識レベルの反応なので、誰かに反対されたからと言ってそこに執着して恨みなどを持っても、相手にはあまり響かないと思ってください。
 
なぜなら、それは無意識の領域での判断ですからそれが「当たり前」だと確信しているということになります。
 
でも、実は本当の大敵は「自分の中のホメオスである」という話を次にしていきたいと思います。
 
今日は、新しいことをしようとするなら誰かに相談せずに始めることが大事という話をしました。
 
次は自分の中に潜むホメオスについてお話ししたいと思います。
 
 

●自分の思う通りに目標に到達する方法シリーズ

1.思ったようにいかない理由とは?

2.自分の中に潜むブレーキ装置とは?

3.まずはゴールを決めましょう!

4.ゴールに向かうための攻略法

5.セルフイメージについて

6.自分の思う通りに目標に到達する方法 まとめ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村